ブラックアイBLACKEYEでスマホ写真がSNS映え!レンズの種類や価格は?

テレビでも紹介されて大反響のスマートフォン用外付けレンズのブラックアイ(BLACK EYE)

レンズのクオリティーや手軽さだけでなく、北欧生まれのオシャレアイテムとしても大注目です。

今回は、使えばSNS映え間違いなしと言われるブラックアイについて、参考画像とレンズの種類や価格についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ブラックアイって何?

クリップ式の外付けレンズ

ブラックアイ(BLACK EYE)は、フィンランドで生まれたスマホカメラ用(タブレット、ノートPCでも使用可能)外付けレンズです。

スマホ本体のレンズ部分に挟むクリップ式で、ポケットにも入る持ち運びに便利なサイズ。

「マツコの知らない世界」でも紹介されて大反響だったという、写真や動画撮影が楽しくなること間違いなしと言われるアクセサリーです。

black eye 3 lens

出典:http://www.blackeye.tokyo/

レンズの種類は?

基本になるレンズの種類は、魚眼、広角、マクロ、望遠の4種類で、価格はレンズによって3900円(税抜き)〜12000円(税抜き)となっています。

動画撮影が推奨さているiPhone用の超広角魚眼レンズや、スマートフォン対応のマグネット式コンボレンズ(魚眼・広角・接写)などもあります。

色々なパターンのレンズでオシャレな写真が楽しめそうなので、Facebookやinstagramなど、SNSでの反響(いいね!)も期待できそうですね(^^)

4種類のレンズについて

魚眼レンズ

ブラックアイといえば魚眼レンズですね。

こちらは「180°フルフレームフィッシュアイ」の画像ですが、業界初の周りに黒いふちが出ない魚眼レンズです。

上下左右に180°の範囲で周りの景色が写るので、広い描写やアップ写真に最適ですね。

出典:https://www.instagram.com/blackeyelens/

広角レンズ

こちらは「160°広角レンズ」の画像ですが、肉眼で見える景色に一番近いと言われています。

大自然の撮影や自撮りにも使いやすそうです。

出典:https://www.instagram.com/blackeyelens/

望遠レンズ

こちらは「光学3倍望遠レンズ」の画像ですが、スマホのズーム機能で落ちる画質を補う事ができます。

まるで、一眼レフのような写真ですよね。

出典:https://www.instagram.com/blackeyelens/

マクロ(接写)レンズ

こちらは「マクロ 接写レンズ」の画像です。あまり知られていないようですが、ほとんどのスマートフォンは接写ができません。

接近した被写体をキレイに撮影できるマクロレンズで、写真の幅が広がるかも⁈

出典:https://www.instagram.com/blackeyelens/

☟他にもカメラに関する記事はコチラ

ブラックアイBLACKEYEで自撮りが簡単!スマホ写真がオシャレに変わる
「大自然を背景に自撮りがしたい」「友達とみんなで写りたい」など、スマホがあれば急な場面で自撮りや集合写真を撮りたくなる事ってありますよね。 いつも自...
スマホカメラでSNS上級者に!影を使うテクニックでオシャレ度アップ
SNSの大流行によって、日常生活で写真を撮る機会が増えました。どうせなら慣れた感じでオシャレな写真を撮りたいですよね! 今回は、スマホカメラのスクエ...
GoProで史上最も小さいカメラの最新モデルが高スペックで再登場!
これまで数々の”高スペック小型アクションカメラ”を生みだしてきたGoProですが、新作は世界中で大人気のHEROシリーズや、なにかと話題のドローンに関わる...

スポンサーリンク

まとめ

写真が手軽になったからこそ、他とは違う写真に仕上げたいですよね。

ブラックアイなら誰でも簡単に今までとは違う最高の1枚が撮れると思います(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

ブラックアイBLACKEYEでスマホ写真がSNS映え!レンズの種類や価格は?
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ