傑作!日本にも生息する”あの巨大魚”を釣る海外ドキュメンタリー映画

”フライ・フィッシング”という釣りをご存知でしょうか?

毛針を使う釣りですが、そのフライ・フィッシングのドキュメンタリー映画に『イースタンライズ』という作品があり、フィッシングムービーの最高傑作とも言われています。

釣り人たちが美しい景色と魚を求めて、ロシアのカムチャッカにある川へ冷戦時代のヘリコプターで飛び立ちました。

スポンサーリンク

フライ・フィッシング

フライ・フィッシングとは?

欧米式の昆虫(水棲含む)に似せた毛針のフライ(fly)を使う釣りで、イギリスが起源とされています。

日本にも毛針を使う”テンカラ釣り”がありますが、糸を巻くリールを使わない事と魚の誘い方に違いがあるそうです。

テンカラは毛針を使って魚を誘う技術が必要で、毛針の擬似性(似ているかどうか)にはあまりこだわらないとか。

逆に、フライ・フィッシングはその場所に生息している昆虫に似ている毛針で魚を誘うので、毛針の擬似性が重要です。

フライ・フィッシングの哲学

フライ・フィッシングでは、よく川や昆虫を観察しています。

「その川で、そこに住む魚が、この時期に何を捕食しているか」を考えてフライを選ばないと、魚が釣れないからです。

自分の経験と考察でフライを巻く(作る)ことも魚を釣る大事な作業なので、奥が深く、独特な技術と性質のため、初心者にはハードルの高い釣りにもなっているようですね。

大人な男性のイメージもあるフライ・フィッシングですが、道具の進化やノウハウにより最近では若い年代の女性フライフィッシャーも増えているそうです。

☟世界が驚いた!日本のカリスマ釣り師の記事はコチラ

海外で『サムライ釣り士』と呼ばれた日本渓流釣りのカリスマが凄い!
釣り趣味の人にしか興味がわからない話だと思いますが、日本の釣り業界にはとてもカッコいいレジェンドがいます! 長さが8mを超える竿を使って時には深さが...
児島玲子は元祖釣りドル!タレントの経歴を持つ異色のプロ釣りガール
釣りを楽しむ女性が増えているようですが、日本トップクラスの女性プロアングラー(釣り師)に児島玲子さんという方がいます。 タレントとしても活躍されてい...
村田基「王様」と呼ばれる日本一忙しいプロ釣り師の年収や結婚は?
世界中で昔から親しまれている趣味の一つが「釣り」だと思います。 男性のイメージが強いですが近年では女性にも人気が高く、ただ魚を求めることには大人も子...

イースタンライズについて

バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバル

イースタンライズ(Eastern rise)というドキュメンタリー映画は、バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバルで上映されました。

この映画祭は、毎年カナダのロッキーマウンテンにあるバンフ(世界的な観光地でもあります)からスタート。

世界中でワールドツアーも行う、アウトドア業界では最も重要な映画祭の一つとしても知られています。

内容は?

ロシアのカムチャッカ半島が舞台です。

地元のガイドとフライフィッシャーたちが、極東のライズ(魚が捕食の時に跳ねる事)を求める旅に出ました。

冷戦時代に使用されたヘリコプターに乗り、最後の秘境とも言わる原生風景の中に降り立ち自然に向かう物語ですが、まずはゴムボートを使っておよそ50kmの旅をします。

「過去に経験が無いほど、素晴らしくワイルドな場所」だったそうですが、そこは大量のクマの生息地大型のネズミを捕食するニジマスが棲むという地帯。

彼ら以外に魚を狙う動物はクマだけという環境からの生還後には、伝説の巨大トラウト「スーパー・クンジャ」(巨大アメマス)に出会う旅が始まりました。

予告動画はコチラ

海外では、数年たった今でもベストムービーという釣り関係者も多いそうです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xLfmx3upQTo

スポンサーリンク

まとめ

カムチャッカ半島は1990年代まで人の立ち入りが規制されていた地域らしいので、原始の姿が残っているようです。

現在ではガイドをつけてヘリコプターに乗り、同じような釣りができるそうですが、こんな自然の中で釣りをしてみたいものですね(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

傑作!日本にも生息する”あの巨大魚”を釣る海外ドキュメンタリー映画
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ