ドローンが収納できる!あのGoPro社が本気で開発したカルマに注目!

これまで数々の革新的な製品を生みだしてきたGoProからドローンが登場しました。

アクションカメラの『HERO』シリーズは、世界中のアマチュアからプロまで幅広く人気があるので、新製品のドローンも大注目をあびています。

スポンサーリンク

GoProのドローン

ドローンの名前

名前が『KARMA』(カルマ)と言います。KARMAはサンスクリット語で「行為」または「宿命」という意味で、アジアだけでなく欧米諸国でも会話中に使用される程ポピュラーになりつつあります。

性能について

最高速度が秒速15m(時速54km)、最大飛行距離(範囲)が1000m、最大飛行高度が4500mなので、富士山の頂上からも撮影可能です。

カメラを取り付けるスタビライザー(安定させるパーツ)を前部にした事で、飛行中にプロペラが見えないことも特徴です。

搭載できるGoProカメラが、「HERO5 Black/Session」、「HERO4 Black edition」の3機種です。

サイズ

プロペラを除いたサイズが「303×411×117mm」

折りたたんだ時のサイズが「365.2×224.3×89.9mm」

KARMA本体の重さがわずか1006gです!

ちなみに、『iPad Pro』の縦×横サイズ「305.7×220.6mm」なので、サイズ感の参考にしてみてください。

収納

開発当初から携帯性を重視してたらしく、「使わなくても邪魔にならない」をテーマに開発。

バックパック型の専用ケースにすべてのKARMAセットを収納できます。

操作

付属している専用のコントローラーは、重さが625g、解像度が720p、バッテリー持続時間が4時間。5インチのタッチパネル式ディスプレイで小型のゲーム機くらいのサイズですね。

子供や初心者でも使えるようにシンプルな設計で、飛行経路をあらかじめ設定できる機能もあり、操縦しながらでも撮影に集中できるようです。

GoPro Passenger Appというアプリを使えば、コントローラーで操縦者以外の人がスマートフォンやタブレットからカメラの操作と撮影が可能になり、ライブで映像も見れるそうです。

操縦者と撮影者の息が合えば、驚きの映像が撮影できそうですね!

Karma Grip(カルマグリップ)

付属しているカルマグリップに取り外したスタビライザーを付ければ、グリップのボタンで撮影ができます。

サイズが「205×43×43mm」、重さが244.6g、バッテリー持続時間が1時間45分。

カメラを回転させたり傾けたりしても、画面がずれない仕組みになっているので、地上での撮影の幅も広がりそうですね。

価格

GoProの日本公式サイトによると価格は本体と付属品を含めて9万円です。

☟話題のドローンレースに関する記事はコチラ

ドローンのナイトレースが近未来感ありすぎ!もはやゲームの世界!
何かと注目を集めているドローン。日本でも賛否両論ありますが、気になる方も多いと思います。 最近ではドローンのレースも話題になりますが、ナイトレース(...

KARMAの可能性は?

新しい映像の記録

KARMAの可能性に関しては、持ち主のやりたいことによって大きく変わると思います。

スポーツで使えば、見たことのない位置からの臨場感ある映像が見れるかもしれません。

自然が好きな人なら、今までにないほど感動する景色や動物の仕草に出会えるかもしれません。

使う人の数だけ新しい映像が生れるだけでなく、どれも素晴らしい体験になりそうですよね!

災害や事故現場での活躍

他のドローンにも言える事ですが、災害や事故現場での活躍にも期待されそうですね。

KARMAは自動飛行の機能があるので、画面に集中しながら行方不明者や遭難者を捜索できると思います。

二次災害が起きやすい土砂崩れや雪崩の現場、倒壊しそうな建物の中や足場の悪い瓦礫などでも、小さいサイズと操作性の良さで大活躍しそうですね!

KARMAの紹介動画

日本語字幕もありますので、開発者の言葉を聞きたい方はご覧ください。

☟GoPro『HERO』シリーズの最新モデルについてはコチラ

GoProゴープロ最新作の性能や値段は?前機種との比較とドローン情報
これまでも数々の”見た事がない映像”を記録してきた小型アクションカメラのGoPro。 最新モデルは世界中のアマチュアからプロまで大人気のHEROシリ...
GoProで史上最も小さいカメラの最新モデルが高スペックで再登場!
これまで数々の”高スペック小型アクションカメラ”を生みだしてきたGoProですが、新作は世界中で大人気のHEROシリーズや、なにかと話題のドローンに関わる...

スポンサーリンク

まとめ

まさかGoProからドローンが誕生するとは思いませんでした!

最新技術で生まれたドローンが、様々な現場での可能性に注目される中で『KARMA』が誕生したのは、まさに「カルマ(宿命)」だったのかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

ドローンが収納できる!あのGoPro社が本気で開発したカルマに注目!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ