廣瀬花子は美人フリーダイバーで経歴や記録は?学歴や結婚についても

酸素ボンベを使わずに、海の中をどこまで深く潜れるかに挑戦するフリーダイビング。

今回は、美人フリーダイバーとして世界的な活躍をする廣瀬花子さんの経歴記録学歴結婚についても調べてみました。

スポンサーリンク

廣瀬花子のプロフィール

名前:廣瀬花子(ひろせはなこ)

生年月日:1986年7月29日

出身地:東京都

職業:フリーダイビング・ダイビングインストラクター、水中モデル、水中スタント

HANAKOさん(@hirosehanako)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/hirosehanako/

フリーダイビングの経歴

廣瀬さんは、父親の実家がある御蔵島の海で泳ぎ方を覚えたそうです。

都心からおよそ200kmも離れている東京都の離島で、野生のイルカが住んでいる自然豊かな場所です。

そのため、幼少期の頃からイルカと泳いでいたというアニメのような話もあるとか。

フリーダイビングに興味を持ったのは、「グラン・ブルー」という映画がきっかけのようですね。

高校時代にアルバイトをして貯めたお金で初めてスクールに参加。

競技を始めてからは、「人魚ジャパン」という日本代表チームで活躍しました。

2010年と12年の世界選手権では、女子団体で金メダルを獲得しています。

HANAKOさん(@hirosehanako)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/hirosehanako/

記録について

廣瀬さんは、一般人ではありえないすごい記録を持っています。

まずは、水中で息を止める記録で7分3秒という日本記録。

準備を入れてもカップ麺2つ以上つくれますね。

2017年5月には、女性の中では史上2人目の100m越えで当時の世界記録を更新した、フリーダイビングで103mという記録。

水深100mは地上の11倍の圧力があるそうですが、身体にかかる負担は想像もできません。

極限の状態の中で、初の100m越えを記録した帰り道で覚えているのは、母親に会いたくなったことだとか。

人間は脳が酸素を一番使うらしいので、フリーダイビングでは、リラックスした精神状態が大切なようです。

心地よい精神の中で、ふと母親のことが頭に浮かんだのかもしれませんね。

学歴

廣瀬さんは千葉県立市川東高等学校を卒業後に、東京スポーツ・レクレーション専門学校を卒業しました。

就職してから競技に取り組むようになり、トゥルーノースというダイビングショップに所属しながら、ダイビングインストラクターなどスタッフとしても働いているそうです。

競技や個人の挑戦に理解のある会社のようですね(^^)

結婚は?

廣瀬さんは、結婚しているとう情報があります。

以前受けたインタビューで、少しだけ旦那さんについて触れていることがあったそうですが、普段から左手に指輪もしているので間違いなさそうですね。

お子さんについては不明ですが、現役で競技を続けているので、いないのではないかと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

危険もともなうフリーダイビングですが、いつも笑顔で本当に海が好きなんだなと思います。

これからも廣瀬花子さんの活躍を楽しみにしています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

廣瀬花子は美人フリーダイバーで経歴や記録は?学歴や結婚についても
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ