ワイキキだけはもったいない!世界遺産『ハワイ火山国立公園』が絶景

おそらく日本人に一番人気がある海外旅行と言えばハワイですよね。

美しいビーチと都市を兼ねそなえた常夏の島というイメージですが、じつはホノルルがあるオアフ島以外はよくわからない方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなハワイにある世界遺産「ハワイ火山国立公園」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ハワイ火山国立公園

ハワイ火山国立公園は、その名の通りハワイにある火山の国立公園です。

1916年に国立公園に指定され、1987年に世界自然遺産にも登録されました。

キラウエア火山(1247m)とマウナロア山(4169m)という2つの巨大な火山を有し、総面積は1335平方キロメートル。

8つの島からなるハワイ諸島の中で最も大きなハワイ島にあります。

日本からの直行便もありますが、オアフ島のホノルル空港からの乗り換えが一般的のようです。

あまり知られていないようですが、ハワイにも世界遺産があったんですね。

南の島にある大自然とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

キラウエア火山

1983年以来噴火を続けているキラウエア火山は、“地球上で最も活発な火山”と言われていますが、“世界一安全な火山”とも言われています。

活発だけど安全だという理由は、爆発的な噴火が少なく溶岩流も火口から離れた場所では遅くなるからだとか。

ビッグ・アイランドの名称を持つハワイ島ですが、火口から流れ出た溶岩が海岸線を少しずつ広げているそうです。

国立公園の東側にある「カラパナ見学エリア」では、このような地球上でも珍しい大地の営みを間近に観察できる場所として人気があるようです。

たしかに島が広がっていく瞬間を見られるのは希少かもしれませんね。

マウナロア山

ハワイ語で「長い山」を意味するマウナロア山は、地球上で最も大きな体積がある山らしく、標高は4000m以上という圧倒的なスケール。

これまでに30回以上の噴火を繰り返してきた世界最大の楯状火山です。

楯状火山は緩やかな傾斜の斜面を持つ底面積が広い火山で、大型火山の多くはこの楯状火山のようです。

“ドライブイン火山”とも呼ばれている

キラウエア火山は、“世界で唯一のドライブイン火山”とも呼ばれ、直径が4.5kmのキラウエア・カルデラを一周できる「クレーター・リム・ドライブ」があります。

およそ17.6kmの道のりの途中にある展望台からは、キラウエア・カルデラの絶景が望めます。

他にも、ナイトツアーに参加すれば赤く輝く火口や満天の星空を楽しめるそうです。

日本では経験できないような見どころがたくさんあるようですね。

☟観光に人気の火山についての記事はコチラ

世界初の国立公園『イエローストーン』地球規模の超巨大火山が絶景! 
アメリカ北西部に位置する『イエローストーン国立公園』。 数多くの国立公園があるアメリカの中でも、最大な面積を有する自然の宝庫です。 地球規模と...
NZ世界遺産『トンガリロ国立公園』で聖地を感じる火山トレッキング
日本列島も含まれる東半球における環太平洋火山帯の最南端に位置するニュージーランド北島にあるトンガリロ国立公園。 特殊な自然環境だけでなく原住民族の聖...

スポンサーリンク

まとめ

ワイキキビーチで海水浴や買い物を楽しむのも良いですが、別の島にも足をのばせば大自然にふれることができるのもハワイの魅力ですよね。

どうせなら、海と山を贅沢に満喫してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

ワイキキだけはもったいない!世界遺産『ハワイ火山国立公園』が絶景
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ