“そだねージャパン”LS北見に沸く北海道北見市の行くべき観光地5選

平昌オリンピックで銅メダルを獲得した女子カーリングのLS北見。

一試合勝ち進むごとに急増する注目度。相反する彼女たちのゆったりとした雰囲気につい引き込まれてしまった方も多いのではないでしょうか。

「そだねー」という方言や「もぐもぐタイム」が話題になり大変なカーリングフィーバーとなりましたよね。

そんなLS北見の本拠地である北海道北見市が今、観光地として注目を集めています。

今回は、連休に出かけたい北海道北見市の観光地をご紹介します!

スポンサーリンク

北海道北見市の場所とアクセス方法

北海道の東側(道東)に位置する北見市は、流氷観光で有名なオホーツク海近郊で一番大きな街です。

最寄りの女満別(めまんべつ)空港へは羽田空港や中部国際空港からの直行便がり、女満別空港から北見市までは車でおよそ40分。

バスもありますが、札幌市近郊以外での北海道旅行は何と言ってもレンタカーがオススメです。



理由は公共交通機関の少なさと、渋滞をすることがほとんどない地域なので、レンタカーでの移動の方が時間の節約や気になる場所への寄り道ができることですね。

ただし5月に雪が降る年もあるので、冬以外でも運転には注意が必要です。

北見市の人気観光地5選

北見市の基本情報をおさえたところで、さっそく人気の観光地5選をご紹介していきます。

北きつね牧場

北見市は野生のキタキツネが数多く生息している地域です。

北きつね牧場では数十匹のキタキツネが放し飼いされ、愛嬌ある可愛いキタキツネを間近で見ることができます。

お昼寝をしている姿や、春に生まれた可愛い子ぎつねたちの姿を見られるかもしれません。

北きつね牧場の基本情報

  • 住所:北見市留辺蘂町花丘52-1
  • 電話番号:0157-45-2249
  • 営業時間:8:00~18:00(11月~3月は9:00~16:00)

出典:https://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/guide/k01155

北の大地の水族館(山の水族館)

以前、山の水族館はLINE風の解説板がツイッターで話題になったことで注目を浴びましたよね。

日本最大級の淡水魚で“幻の魚”とも呼ばれているイトウ数多く飼育され、その内およそ20匹は1m級に育っているそうです。

館内にある水槽の神秘的な光景がインスタ映えするとも言われているとか。

日本初の「滝つぼ」を再現した水槽世界初の「冬に凍る川」を再現した水槽にも人気があるらしく、滝つぼに生息する魚の姿や凍った川面の下で厳しい冬を過ごす魚の姿を観察することができるユニークなつくりになっているようです。

北の大地の水族館(山の水族館)の基本情報

  • 住所:北海道北見市留辺蘂町松山1-4
  • 電話番号:0157-45-2223
  • 営業時間:8:30〜17:00(9:00〜16:30)

出典:http://onneyu-aq.com/

世界最大級のハト時計

北の大地の水族館(山の水族館)と同じ施設内には、「果夢林(かむりん)」と呼ばれる世界最大級のハト時計があります。

道の駅「おんねゆ温泉」のシンボルにもなっているこのハト時計は高さ約20mのタワーで、「巨大なハト」が登場し「5体のからくり人形」がメロディーと共に踊るという仕掛けになっています。

時間になると、大空の下で多くの観光客がそのメルヘンな世界観に癒されているようですね。

世界最大級のハト時計の基本情報

  • 住所:北海道北見市留辺蘂町松山1-4
  • 電話番号:0157-45-2223
  • 営業時間:8:30〜17:00(9:00〜16:30)

出典:http://onneyu-aq.com/

サロマ湖(ワッカ原生花園)

サロマ湖は北見市、佐呂間町、湧別町にまたがる日本で3番目に大きな湖ですが、海水と淡水が混ざる湖としては日本一の大きさです。

観光客には「ワッカ原生花園」が人気ののようで、入り口にあるワッカネイチャーセンターではレンタル自転車や観光馬車もあるそうです。

ゆっくりとした時間の中で、美しい大自然の絶景を存分に堪能することができそうですね。

ワッカネイチャーセンターの基本情報

  • 住所:北海道北見市常呂町栄浦242-1
  • 電話番号:0152-54-2140
  • 営業時間:8:00〜17:00(6月~8月は18:00まで)

出典:http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2011042100274/

アドヴィックス常呂カーリングホール

北見市の常呂(ところ)町にあるカーリングホールは、平昌オリンピック銅メダルのLS北見の練習拠点でもあり、これまでに多くのオリンピック選手を排出してきました。

もちろんトップアスリートだけでなく、一般客から観光体験まで幅広い層が利用できます。

必要な用具もレンタルできるので、観光と合わせて友人や家族と挑戦しても楽しめそうですね。

運が良ければオリンピック選手の練習している姿だって見られるかもしれませんよ。

アドヴィックス常呂カーリングホール

  • 住所:北海道北見市常呂町字土佐2-2
  • 電話番号:0152-54-2191
  • 営業時間:月〜土10:00〜22:00/日祝10:00〜17:00

出典:http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2013101700043/

スポンサーリンク

まとめ

大型連休にはオリンピックのメダリストたちを育んだ北海道北見市で、いつもとは違う空気や時間を感じてみてはいかがでしょうか。

今回の情報は全て2018年4月現在のものです。最新の情報とは異なる場合や場所によっては休館日もあるので、事前に現地への確認やホームページの参照をオススメします。

観光前後に最適な北見市の“絶品グルメ”情報は下記の記事をご覧ください。

北海道北見市の絶品グルメはこれ!カー娘の聖地で“もぐもぐタイム”
平昌オリンピック銅メダルによって一躍大注目を浴びた女子カーリングのLS北見。 試合の緊迫感とは逆に、休憩中の「もぐもぐタイム」や「そだねー」の方言も...

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

“そだねージャパン”LS北見に沸く北海道北見市の行くべき観光地5選
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ