中国世界遺産の九寨溝と黄龍は青い水が神秘的な絶景!地震の影響は?

経済発展とともに近代的なビルが立ち並ぶ大都市のイメージがある中国ですが、日本の約25倍の面積を持つ広大な大地には多くの絶景が存在します。

今回は、世界遺産の「九寨溝」「黄龍」の魅力と、2017年に起きた地震の影響についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

中国屈指の観光地『九寨溝』

透明度が高い青い水が特徴的な世界遺産『九寨溝』。読み方は「きゅうさいこう」です。

独特な青色は、水中に含まれる石灰や湖底の苔、水深、光の屈折率などの影響によるものだとか。

水の色だけでなく、沈んでいる木なども合わせてとても神秘的な美しさですよね。

ジャイアントパンダの生息地としても有名で、観光できる最高到達点は標高が3000m以上

自然保護のために1日の入場者数が制限されていますが、中国屈指の観光地として人気があるそうです。

九寨溝へ行き方

九寨溝までの道のりは、中国四川省の成都からおよそ450km、陸路なら長距離バスで8〜9時間。

空路で九寨黄龍空港を利用すれば、空港から九寨溝までは1時間半ほどですが、気象条件が厳く、中国一の遅延・欠航率の高さのため、時刻通りの到着は幸運とも言われているとか。

過酷な気象状況は大自然の証拠ですし、天候に関しては仕方のない問題ですよね。

現在建設中の鉄道が開通すれば、成都から約2時間で着くらしいので、おそらく空路よりも予定が組みやすくなるでしょう。

ちなみに、九寨溝内は片道30km以上あり、車道と遊歩道が完備。

一般車両の乗り入れは禁止されているので、1日フリーチケットを購入し、専用の低公害型バス(九寨溝グリーンバス)を利用します。

観光シーズンは?

冬も観光はできますが、積雪で通行止めになる区間もあるため、4月中旬から11月初め頃までが観光に適したシーズンのようです。

中国の大型連休がある紅葉初期シーズンの10月初めは大混雑するらしいので、その時期は避けた方が無難でしょう。

穴場は、雪も溶けて観光客も少ない3月の終わり頃だとか。

大雪が降ることもあるそうですが、ゆっくり楽しみたい方には良いかもしれませんね。

九寨溝地震

2017年8月8日に九寨溝地震が発生。当日訪れていた3万3800人ほどの観光客のうち19人の犠牲者が出てしまいました。

この地震の影響で湖の水が流出し、崩壊した周囲の山から土石流が流入するなど、世界遺産としての被害も大きかったようです。

人工的な復元はしないほうが良いという意見もあり、今後の観光にとても大きな影響がありそうですね。

もう1つの世界遺産『黄龍』

九寨溝の近くには、もう1つの世界遺産『黄龍』があります。

黄、緑、青、茶色などに変化して見える美しい水や、黄金色に輝く石灰華の層、滝や谷が形成されているそうです。

黄色がかった乳白色の石灰華が雪の残る山脈を昇っていく黄色い龍にたとえられ、この名前で呼ばれるようになったとか。

九寨溝と並ぶ人気の絶景には、一見の価値があるでしょう。

2006年にはロープウェイが開通し、それ以前よりも格段にアクセスが楽になったようです。

九寨黄龍空港から九寨溝を経由して黄龍を回るバスや、九寨黄から黄龍の観光バスを利用できます。

時間があれば成都からバスで楽山へ

もし時間があれば、成都からのバスで楽山大仏を見に行きましょう。

岩山を掘り、90年かけて作られ、高さは71mもあるそうです。

こちらも世界遺産に登録されていますが、巨大な大仏の迫力は圧倒的ですね。

スポンサーリンク

まとめ

これまではあまり知られてこなかった中国の絶景観光地ですが、同じアジア圏でも日本とは異なる大自然があります。

近隣の国で、見たことがないような景色に出会う感動的な旅が楽しめそうですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

中国世界遺産の九寨溝と黄龍は青い水が神秘的な絶景!地震の影響は?
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ