1000万年以上かかった絶景⁈台北近郊にある不思議な奇岩が並ぶ光景

日本人の海外旅行先に選ばれやすい台湾。特に台北は、グルメやショッピングが楽しめることで人気があるそうです。

リピーターも多いという台湾ですが、近年では都市部以外の大自然にも注目があつまっているようですね。

今回は、台北近郊にある奇妙で不思議な形の岩が立ち並ぶ『野柳地質公園』についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

奇岩の数々

台湾の風景特定区にもなっている野柳地質公園には、数々の不思議な形をした岩が立ち並んでいます。

この奇岩は、地殻変動と浸食によって1000万年以上という長い時間をかけてつくられたそうです。

自然が生み出したアート作品のような光景は、まるで人の背丈よりも大きなキノコが生えているようのも見えますよね。

入場制限があるほど人気

ちなみに野柳は「イエリュウ」と読みますが、発音が難しそうですね。

台北からアクセスがしやすいこともあってか、人も多い人気の観光地です。

毎年、3月1日〜5月31日・10月1日〜11月30日の9:30〜11:00・13:30〜15:00の間は人数制限もあるようです。

奇岩の中で最も有名なのはクイーンズヘッドと呼ばれる岩で、名前の通り「女王の頭」に見えるため、多くの観光客の撮影スポットにもなっているとか。

このクイーンズヘッドは、近い将来さらなる侵食によって首部分から上が取れてしまうそうなので、今だけという限定感も人気の1つでしょう。

H Yさん(@hy540423)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/hy540423/

行き方は?

野柳地質公園へは、台北駅から「国光客運」という会社のバスで金山方面行きに乗り、約1時間20分。野柳で下車します。

帰りは「台湾で最も夕日が綺麗」とも言われ、台湾屈指のデートスポットでもある、淡水経由で台北に戻るのも良いかもしれません。

野柳地質公園から淡水まではバスで1時間半ほど、淡水から台北はMTR(電車)で40分ほどです。

珍しい奇岩を堪能した後に、夕日の綺麗な街で食事を楽しむという贅沢な時間が過ごせそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

野柳地質公園の奇岩のように自然の世界も変化を続けています。

数十年後にはなくなっているかもしれない景色を見るというのは、特別な旅になるかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

1000万年以上かかった絶景⁈台北近郊にある不思議な奇岩が並ぶ光景
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ