世界最大の木は枝の太さが2m!米国『セコイア国立公園』の巨大な森

アメリカ西海岸のカリフォルニア州には、世界最大の体積を持つ木があります。

美しい海岸線に長く続くビーチのイメージがある西海岸ですが、少し内陸に向かえば山や森などの自然もあります。

今回は、高さ80m以上にもなる巨木の森がある『セコイア国立公園』についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

セコイア国立公園

アメリカ西海岸のカリフォルニア州にあるセコイア国立公園。

大都市ロサンゼルスから車で5時間の場所にあります。

アメリカに現存する国立公園では2番目に古く(指定された時は3番目)、年間で100万人ほどが訪れる人気の観光地です。

公園内では、ハイキング、キャンプ、釣り、トレッキングなどのアウトドアを楽しむことができます。

世界中からの観光客はもちろん、週末の旅行に来る家族づれなどのローカルも多いようです。

気軽に行ける大自然が近くにあるのは羨ましいですね。

世界最大の巨木

セコイワ国立公園には、ジャイアント・フォレスト(巨大な森)と呼ばれる森があり、世界一体積が大きくなるセコイアデンドロンという木々が生息しています。

現地ではジャイアント・セコイアとも呼ばれ、高さ80m以上、樹齢1000年以上になる長寿の木で、なんと最高樹齢は3200年の記録もあるとか。

世界最大の巨木「シャーマン将軍の木」がこの森にあり、地球上で最も大きな生命体としても知られています。

樹齢2200年、地面の位置での周囲が31.1m、高さは83.8m、最大の枝は直径が2.1mもあるそうです。

紀元前から生きている生命体に出会えるのは、壮大な時間の流れを感じられそうですよね。

数百の洞窟

公園内には、240以上の洞窟がありますが、他に数百カ所が見つかる可能性もあるそうです。

代表的なリルバーン洞窟は、カリフォルニア州最長で長さは30kmを超えます。

公園内で2番目となる長さ5.5kmのクリスタルケーブは鍾乳洞で、ガイド付きで観光できる唯一の洞窟です。

こちらも人気の観光地になっているようなので、ぜひ訪れてみたいですね。

☟他にもカリフォルニア州の絶景に関する記事はコチラ

世界で最も気温が高い"デスバレー国立公園"の絶景!自ら動く石とは?
アメリカのカリフォルニア州に位置する「デスバレー国立公園」は、世界で最も暑い場所として知られていますが、そこは絶景の宝庫でもあります。 見どころ満載...
高さ100m⁈世界一高い木が並ぶ森『レッドウッド国立公園』が神秘的
アメリカ西海岸のカリフォルニア州にある『レッドウッド国立公園』には、街中に立ち並ぶ高層ビルのような木々の森があります。 地球上で唯一残された、高さが...

スポンサーリンク

まとめ

アメリカ西海岸は日本からも行きやすいので、世界最大で長生きの巨木に会いに行く海外旅行というのも素敵な計画ですよね。

人間の時間とはまったく違う時間で生きる木々の森で、生命の尊さを感じられるかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

世界最大の木は枝の太さが2m!米国『セコイア国立公園』の巨大な森
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ