台湾にある”青の洞窟”が神秘的で美しい!離島にある秘境の絶景とは⁈

旅行好きなら一度くらいは耳にしたことがあるかもしれないイタリアや沖縄にある”青の洞窟”。

実は旅行者に人気の台湾にも、海の透き通る青が美しい洞窟があるそうです。

今回は、まだあまり知られていない台湾の無人島にある“青の洞窟”についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

台湾にもある”青の洞窟”

台湾にある離島で無人島の西吉嶼(西吉島)には、「光の籠」を意味する『灶籠』という洞窟があります。

そこには、イタリアや沖縄で有名な”青の洞窟”のように神秘的な光景が存在しています。

別名「透天海蝕洞」とも呼ばれ、空が透ける海蝕洞という意味だとか。

玄武岩の崖が波による侵食により、ゴツゴツして切り立った崖のような形状の洞窟は大迫力のようです。

洞窟の奥に進むと天井が吹き抜ける場所があり、そこからさし込む太陽の光で海が青く透きとおって見えるという絶景が待っています。

出典:https://www.instagram.com/retrip_news/

SNSで話題に

もともとは台湾でも知名度は低かったという灶籠。こんなにきれいな場所なのに不思議ですよね。

あたりまえですが、日本はもちろん、英語圏でもほとんど情報がなかったそうです。

この秘境がいっきに注目をあつめるようになったきっかけはSNSでした。

台湾の写真家が画像を投稿すると、その美しさが台湾のみならず他の国でも話題になったようです。

昨日まで誰も知らなかった場所が、次の日には世界中で絶景になるという、SNSの影響力は本当にすごいですね。

行き方は?

灶籠がある西吉嶼は台湾の西にある澎湖諸島の1つで、台北から国内線に乗り換え、澎湖島(馬公空港)へ向かいます。

無人島のため定期便は無く、周辺の離島を含めて回る周遊ツアーなどがあるそうです。

今後は人気が出てくる可能性が高いので、まだ人が少ないうちがゆっくり見られるチャンスかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

まだ台湾観光の中では穴場かもしれない台湾の”青の洞窟”では、神秘的な光景が待っているでしょう。

近場の海外旅行で、インスタ映えも間違いなさそうな絶景はぜひ訪れてみたい場所ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

台湾にある”青の洞窟”が神秘的で美しい!離島にある秘境の絶景とは⁈
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ