ビーガン(ヴィーガン)とベジタリアンの違い!海外の状況と健康面は?

最近よく聞くようになったビーガン(ヴィーガン)という言葉。

ベジタリアンと同じ意味だと思ってる人が多いようですが、大きな違いがあります。

今回は、ビーガンとベジタリアンの違いや、海外生活で初めて知った状況についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

『ベジタリアン』と『ビーガン』

vegan 1

ベジタリアン

ご存知の方も多いと思いますが、ベジタリアンは菜食主義者です。

基本的には、野菜が中心の食生活で動物を食べない人のことをさします。

日本でも、動物の肉食が広まる明治以降までは、宗教上の理由で一般的だったそうですよ。

ビーガン(ヴィーガン)

ビーガンは、1944年にイギリスで生まれた言葉らしく、ビーガニズム(ヴィーガニズム)という動物製品を使用しない生活様式が基盤になって、18世紀後半からある考え方のようです。

SNSで「最近はベジタリアンじゃなくビーガンって言うらしいよ」という投稿を見たことがあります。

日本では、ベジタリアンと混合されることが多いですが、卵や乳製品に魚介類などは食べるベジタリアンに対して、ビーガンは絶対菜食主義者で、卵や乳製品に魚介類も食べません。

中には、動物性に由来する洋服や靴などの商品も使用しない徹底したビーガンもいます。

海外では

欧米では、ベジタリアン専門のスーパーマーケットや、ビーガン専門レストランも数多くあり、通常のレストランには、必ずと言って良いほどビーガン専用メニューがあるほど定着しています。

ビーガンやベジタリアンに対する偏見もほとんどありませんが、友人との外食でのメニュー選びに苦労することはあるようですね。

一部のサイドメニューしか食べられないという場面を何度も見たことがあります。

☟他にも欧米ではあたりまえの食文化に関する記事はコチラ

オーガニックが身体に良いは嘘?本当?海外生活で感じた日本との違い
オーガニック後進国と言われている日本ですが、有機野菜や衣料品なども少しずつ浸透してきましたよね。 今回は、オーガニックが定着している北米で暮らしてみ...
ビーガン(ヴィーガン)は考え方に種類があった!感じた違和感とは? 
日本でも少しずつ耳にするようになったビーガン(ヴィーガン)というライフスタイル。 ベジタリアンの新しい呼び方だと思っている人も多いようですが、食べる...
フェアトレードの欧米と日本の違いや問題は?参入企業やラベルも注目
日本でも少しずつ浸透してきたフェアトレードをご存知ですか? 聞いたことはあるけど、どんなものかわからないという方も多いと思います。 今回は、世...

ビーガンは健康?

ほとんどの栄養素は摂取できる

主食は米やパンで、大豆や豆腐などからタンパク質も摂れます。

肉類よりも脂質やカロリーが低いので余分な脂肪も減り、血液もサラサラになって身体にかかる負担は少なくなるようです。

厳しい食事管理のイメージもあると思いますが、意外に豆乳でできたデザートなども食べられるので、食事に対するストレスも大きくはないと思います(^^)

健康なだけではない

栄養学の知識のない人がビーガン生活を始めると、骨の密度が減ったり、内臓や皮膚などに障害を起こすこともあるそうです。

他にも、ビタミンB12が摂りづらく、赤血球の生成を助けて貧血を予防すると言われる栄養素ですが、動物性の食品に含まれるためビーガンでは摂ることができないようです。

個人的に出会ったビーガンの中には、このような足りない栄養素をサプリで補っている人たちもいました。

健康面で言えば、肉や魚なども含めたバランスの取れた食生活の方が日本人にはあってるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

まだまだ少ないですが専門のレストランもあるので、日本でもこの新しいライフスタイルが、少しずつ定着しているようですね(^^)

*なお、専門的な知識ではなく個人的な見解やイメージもありますので、参考程度にお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

ビーガン(ヴィーガン)とベジタリアンの違い!海外の状況と健康面は?
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ