「うそでしょ?」空からジャンプ!斬新な方法で雪山を滑るスノボ

世界トップレベルのエクストリーム・スノーボーダーに、ザビエル・デ・ラ・ルーさんという方がいます。

ヨーロッパや北米を中心に、これまでも数々の危険な急斜面を滑ってきました。

そんなザビエルさんがアラスカの奥地に向かい、まったく新しい方法で雪山に挑んでいました。

スポンサーリンク

ザビエル・デ・ラ・ルーについて

ザビエル・デ・ラ・ルー(Xavier De Le Rue)さんは、フランス出身のプロスノーボーダーです。カタカナ表記じゃないと読めないですよね。

フランス代表選手としてオリンピック出場の経験もありますが、現在はエクストリーマーとして活動しています。

以前にもこのブログで「誰よりも速いスノーボーダー」としてご紹介したことがあるので、詳しいプロフィールや経歴はコチラをご覧ください。

スノーボーダーが時速100km以上!ほぼ垂直の斜面を速く滑るワケは⁉︎
巨大な斜面を滑るビッグマウンテン・スノーボードというエクストリームスポーツは、スキー場やバックカントリー愛好者が滑る山とは、規模や迫力が違います。 ...

アラスカでの挑戦

過去のアラスカでは

過去に何度もアラスカに訪れているザビエルさん。

世界トップレベルのスノーボーダーやスキーヤーがアラスカで撮影をする場合は、ヘリコプターで山の上まで行く事が多いようです。

もちろんザビエルさんも同じように撮影をした経験があります。

メンバー

普通の撮影はカメラマンはもちろんですが、一緒に行動するスキーヤーやスノーボーダー、必要であれば山岳ガイドがつく事もあります。

今回の仲間はエクストリームスキーヤーのサム・アンサマッテンさん。

ザビエルさんと共にエクストリームスポーツが題材の映画『Xーミッション』でスノーボードのスタントとして共演したラルフ・バックストロームさん。

エクストリームスポーツの精鋭たちで挑んでいます。

新しい方法

パラモーターというスポーツがあります。聞きなれないスポーツですが、簡単に説明するとパラグライダーにプロペラが付いたエンジンを背負て進むスカイスポーツです。

このパラモーターの操縦者の前に用意された簡易的な椅子に座り、簡単に取り外せるロープで固定しながら滑る斜面に向かい、そのまま落ちて滑り始める。

おそらく今まで誰も挑戦してこなかったと思われる方法なので、慣れない内はかなり激しく転んでいて、ゴム人形みたいになっています。

☟少し可笑しなエクストリームスポーツに関する記事はコチラ

【ちょい笑】クラッシュあり!全速力の三輪車レースは時速○○km!
ほとんどの方が幼少期に三輪車に乗った経験があり、年齢が上がるにつれて自転車に移行するというのが普通の流れだと思います。 ですが世の中には、三輪車の魅...
【ちょい笑】違和感あるけど面白い!RedBull雪上カヤックレース
人気ウォータースポーツのカヤックは、日本でも以前からアクテビティとして注目されていますが、実は経験したことがある人は少ないのではないでしょうか? そ...
【ちょい笑】山サッカーが見るからに過酷!なのになぜか笑える新感覚
テクノロジーが進化していくようにスポーツもどんどん進化していく中で、オーストリアではまったく新しい新感覚のスポーツが誕生しました! 山サッカー(Al...

動画はコチラ

いろんな位置にGoProが付いてるので、落ちてそのまま滑り出す映像は迫力満点です。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n_ChCjHGKRw

スポンサーリンク

まとめ

失敗しても、ちゃんと調整してくるところがさすがです。最後のおたけびがこの挑戦の面白さを物語ってますよね!

珍しいスノーボードに挑み続けるザビエルさんの挑戦はこれからも続くでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

「うそでしょ?」空からジャンプ!斬新な方法で雪山を滑るスノボ
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ