荒井裕介(山岳写真家)はブッシュクラフトの達人猟師‼︎収入や家族は?

キャンプ上級者の中でブームになりつつあるというブッシュクラフト。

自然の中にあるものを使いながらアウトドアを楽しむキャンプスタイルです。

今回は、山岳写真家でハンター(猟師)荒井裕介さんがおこなうブッシュクラフトと、収入家族についても調べてみました。

スポンサーリンク

荒井裕介のプロフィール

名前:荒井裕介(あらいゆうすけ)

生まれ:1978年

出身地:千葉県野田市

職業:山岳写真家、ハンター

荒井裕介

出典:https://www.ei-publishing.co.jp

アウトドアの経歴

荒井さんは、トレッキングやウルトラライトハイキング、スキー、MTB、ハンティング、サバイバル技術など、アウトドアの幅広いフィールドで活動しています。

父親の知人がマタギだったこともあり、幼少期の頃から自然と触れ合いながら育ったそうです。

その為、小学生の頃からマタギ流のサバイバル術を自然と身につけていったとか。

山岳写真家であり、秋冬には猟をおこない、解体処理から調理を山中でおこなうブッシュクラフターでもあります。

カメラの機材だけでも60kg以上になるらしく、必然的にウルトラライトという荷物を軽くする考え方と、ブッシュクラフトという方向に向いていったようですね。

荒井さんはテントは使わずにタープだけで過ごす時もあり、枯れ木や落ち葉で調理場や簡易ベッドなども作り火起こしもするそうです。

すごく過酷なキャンプに聞こえますが、人間本来の生きる力のようなものを感じますね。

ブッシュクラフトについて

あまり聞きなれない言葉なので、「ブッシュクラフトって何?」という方も多いと思います。

ブッシュは茂み、クラフトは工作という意味で、必要最小限の道具のみで野山に入り、できるだけ現地にあるものを利用して自然の中で過ごす野遊びのことです。

ブッシュクラフトについて、もっと詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。

ブッシュクラフトが流行⁈キャンプ上級者が挑戦する究極のアウトドア
普段とは違う自然の中で過ごすキャンプは楽しいですよね。 最近は便利で使いやすい道具も増えてきて、家と変わらない生活ができます。 ところが、せっ...

より原始的に近いキャンプを体験することで、たくさんの気づきがありそうですね。

収入について

一般的な会社員カメラマンの年収は300万円〜くらいだとか。

フリーランスで活動しているカメラマンの収入は人によるので、極端な話では0円〜1000万円以上の人もいるようです。

荒井さんもフリーランスらしく、山岳写真家だけでなく、野山に入るガイドツアーやライター、「サバイバル猟師飯」という著書も出版しています。

多方面での活躍をされているので、会社勤めのカメラマンよりも収入は多そうですね。

☟アウトドアで活躍するカメラマンの記事はコチラ

中島健郎(登山家)の経歴や収入は?イッテQ登山部カメラマンで結婚も!
みんなが大好きなバラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」の人気企画といえば、イモトアヤコさんの“イッテQ登山部”ですよね。 世界の名峰に挑戦する登...
奥村康(水中カメラマン)の経歴や映画が凄い‼︎CM出演と収入や結婚は?
日本でも話題になったフランスのドキュメンター映画『オーシャンズ』の撮影に参加した日本人がいます。 今回は、水中カメラマンとして活躍する奥村康さんの経...
松本紀生(写真家)の経歴やアラスカとの出会いは?結婚や使用カメラも!
夜空を覆う美しいオーロラ、生命の力強さを感じる野生動物たち。 広大な土地に手付かずの大自然が残るアラスカに魅了された写真家がいます。 今回は、...

結婚している

休日は山で過ごすことが多いという荒井さんですが、どうやら結婚しているようです。

詳しい情報はわかりませんが、お子さんもいるみたいです。

サバイバル知識が豊富なお父さんは格好良いですし、お子さんもたくましく育ちそうですよね。

スポンサーリンク

まとめ

上級者の感じと他とは違う個性的なキャンプとして、これからブッシュクラフトは注目されそうですね。

荒井さんはアウトドアの発信を続けてくれると思うので、これからも新しい情報が楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

荒井裕介(山岳写真家)はブッシュクラフトの達人猟師‼︎収入や家族は?
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ