アメリカ

アラスカはオーロラ観光だけじゃない⁈“最後の辺境”のすごい絶景9選

名前は聞くけど、実はどんなところかよくわからない場所ってありますよね。

アメリカ最北端にあるアラスカ州もその1つでしょう。

“最後の辺境”と呼ばれる広大な土地には、まだ見たことがないような美しい景色が広がっています。

今回は、そんなアラスカにある驚きの絶景9選をご紹介していきます。

アメリカ合衆国アラスカ州について

アラスカの大きさや人口は?

アメリカで最も大きな州のアラスカは、日本のおよそ4倍の面積があり、広大な土地に暮らす人口は70万人ほど。

日本人の感覚だと人口密度が驚くほど低いと思いますが、未開拓や保護されている土地もあるので、ほとんどの人がアンカレッジなどの都市部で生活しています。

1867年にロシア帝国から格安で購入した土地ですが、過去にはゴールドラッシュで栄え、現在は石油などの天然資源や自然観光が経済の中心になっています。

アラスカは“ラスト・フロンティア”

アメリカ本土からカナダを挟んで北米最北の位置にあるアラスカ州。

手つかずの自然の中で、今も多くの原住民が昔ながらの生活を営む地域でもあり、ラスト・フロンティア(最後の辺境)とも呼ばれています。

それではここからは、アラスカのすごさが一目でわかる画像をご紹介していきます。

アラスカの自然現象がすごい!

アラスカの海面凍結

冬には海面が凍結する地域も多くあるアラスカ。

全体が氷つく前の海面は、自然が作る芸術作品のような光景ですね。

オーロラはアラスカの醍醐味

アラスカ州のほとんどの場所はオーロラがよく発生する地域です。

特にオーロラ観光で世界的に有名なフェアバンクスは日本人にも大人気の観光地。

街から見えることもありますが、光の少ない郊外に車を走らせれば、さらにハッキリと見ることが出来ます。

アラスカの火山噴火

アラスカ州のアリューシャン列島や海岸地域には多くの活火山があり、最近では2016年12月に無人島のボゴスロフ島で噴火が発生しました。

他にも、地球上で最も円錐状に近いと言われ、富士山よりも対称的な形をしたシシャルディン山は、噴火の際には太平洋上に3000m以上の噴煙を上げることもあるそうです。

☟他にも火山に関する記事はコチラ

巨大火山の噴火がすごい!過去に大被害も起きていた?恐怖の画像6選世界中に分布している火山地帯は観光地や登山などで人気のある場所も多いです。 山の形や珍しい植生といった楽しみがある一方で、時には巨...

アラスカは自然と人工物の対比がすごい!

アラスカの氷河クルーズ

アラスカ観光の定番と言えば氷河クルーズですが、画像にあるクルーズ船と比べると氷壁の高さや全体の大きさがわかりますよね。

中でも州都ジュノーの北西にあるハバード氷河は、高さがおよそ90m

全体の大きさは、幅9.6km、全長122kmも続く巨大な氷河です。

アラスカのホエールウオッチング

地球上で最大の哺乳類として知られるクジラですが、アラスカの広大な海ではザトウクジラが大ジャンプをします。

ブリージングと呼ばれるこの行動は、ツアーでも見られる確率は15〜20%と言われています。

アラスカのパイプライン

教科書にも載っているアラスカの石油パイプラインは、北極海沿岸のプルードベイからアラスカ湾のバルディーズまで、1280kmの距離をつないでいます。

参考までに、東京から日本の最北端に位置する北海道稚内市までの直線距離が約1090km、沖縄県那覇市までなら約1560kmなので、とてつもない長さのパイプなのがわかりますよね。

1974年に着工して1977年に完成。建造物としては、万里の長城に次いで世界第2位の長さです。

実は使われているパイプは全て日本製で、当時は日本の技術以外では製造不可能だったそうです。

☟他にも世界の巨大建造物に関する記事はコチラ

超高層マンション世界一は高さ何m?海外のセレブなタワマンを調査!日本の都市部には見上げるような高さのマンションがいくつもありますよね。 超高層マンションと呼ばれる建物ですが、一度くらいは「住んで...

アラスカは手つかずの自然がすごい!

北米大陸最高峰のデナリ(マッキンリー)

年間40万人以上の観光客が訪れるデナリ国立公園。公園内にある通称マッキンリーは、北米最高峰の標高6190m。

長い間マッキンリーの名称で呼ばれていましたが、2015年からデナリが正式名称に決まりました。

☟デナリを滑って話題になった日本人スキーヤーやコチラ

佐々木大輔(スキー)の経歴や世界初の偉業は?結婚相手も有名人だった!ビックマウンテンスキーヤーで国際山岳ガイドや講演会の講師もつとめる佐々木大輔さん。 長年にわたって世界中の名峰をスキーで滑るという...

アラスカに残る数多くの氷河

山肌や地面を削りながら進む荒涼としたイメージの氷河。

アラスカには数多くの氷河が残っているため、比較的簡単に氷河を見る事が出来ます。

きっと数百年もしくは数千年前の人々も見ていた変わらない景色なのでしょうね。

アラスカにある日常の景色

アラスカの郊外を少しドライブすれば、そこには手つかずの大自然があります。

人々の生活圏のすぐ近くにある何気ない日常の景色が、実はアラスカ最大の魅力かもしれません。

まとめ

多くの人をひきつけるアラスカの大自然に、一度は行ってみたくなりますよね。

アラスカの大自然に魅了されて移住した写真家の故星野道夫さんもその一人ですが、書籍の『旅をする木』はアラスカの風景がとてもわかりやすく的確に表現されています。

旅をする木 星野道夫【文庫】

筆者もこの本を読んでからアラスカに行きましたが、文字がそのまま風景になったような光景ばかりでした。

“最後の辺境”に残る美しい景色や荒々しい自然現象からは、遠い昔の地球を感じることが出来るかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!