北米

『最後の辺境』と呼ばれるアラスカの大自然に今も生きる野生動物9選

“最後の辺境”(ラスト・フロンティア)と呼ばれ、世界屈指の大自然を有するアラスカ。

今でも多くの野生動物たちが暮らしていますが、中には大型の車よりも大きな動物もいます。

そこには都市部で暮らす人間には想像もできないような世界が存在しているんですよね。

今回は、そんなアラスカで今も生きる野生動物9選についてご紹介していきます。

アラスカの野生動物

ハクトウワシ

ハクトウワシ(白頭鷲)は、アメリカ合衆国の国鳥で国章にも描かれている有名な鳥ですよね。

大型のワシで、翼を広げた時の大きさは2m以上にもなります。

北米大陸の沿岸部を中心に広範囲に分布していて、特にアラスカではよく見ることが出来ます。

アメリカ先住民の多くの部族がハクトウワシを聖なる生き物としているので、羽を儀式や正装に使うそうです。

アメリカ先住民が頭につけているのはハクトウワシの羽だったんですね。

ドールシープ

ドールシープは、アラスカとカナダの北西部に分布する体長が150cm前後のヒツジです。

山岳地帯や高地に群れをつくって暮らしています。

オスだけに見られる(メスの角は短い)特徴のある角は、長いもので1mを超えることもあるそうです。

カリブー(トナカイ)

トナカイは、サンタクロースの相棒として有名ですよね。

シカ科では唯一メスにも角があり、大きい個体では体長が200cm前後、体重が300kgほどもあるようです。

永久凍土のツンドラ地帯に群れで生息し、季節によって大移動を行います。

ムース(ヘラジカ)

ムースは世界最大種のシカで、大きい個体では体長が300cm前後、体重が800kg以上あるそうです。

トレードマークの平たい角は最大で2m以上になります。

ジャコウウシ

ジャコウウシは、全身が長くて硬い上毛と柔らかい下毛で覆われているウシです。

大きい個体では体長が200cm以上、体重が600kg以上あるそうです。

マンモスも生息していたおよそ70万年前にヨーロッパで出現して、40万年前頃に北米大陸に移動してきたと考えられています。

ブラックベア

ブラックベアは北米大陸の森林地帯に生息する黒い毛が特徴のクマです。

大きい個体では、体長が170cm前後、体重が400kg以上にもなるそうです。

肉食のイメージがありますが、実は植物を食べることが多く、こちらの画像ではタンポポを食べています。

グリズリー(ハイイログマ)

グリズリーは日本にいるヒグマと近縁のクマで、大きく盛り上がった肩のコブが特徴です。

大きい個体では体長が250cm以上、体重が450kg以上にもなります。

大きな身体に似合わず、陸上では時速50kmで走り、泳ぎも得意なようです。

ホッキョクグマ(シロクマ)

ホッキョクグマは名前の通り北極圏に生息する世界最大種のクマです。

大きい個体では体長が300cm、体重が800kgにもなります。

冬には南下して夏には北上するので、年間で1000km以上の移動をすることもあるようです。

オオカミ

オオカミは現存するイヌ科の中では最大種です。

大きさは亜種や地域によっても異なるそうですが、体胴長が100〜160cm、体重が25〜50kg。

高緯度ほど大きくなる傾向があるので、過去にはアラスカで80kgほどのオスが捕獲されたそうです。

☟他にも野生動物に関する記事はコチラ

ヒグマが小さく感じるかも!カナディアンロッキーで見れる野生動物9選カナダを代表する世界遺産のカナディアン・ロッキー山脈自然公園群。 おとずれた人々に感動を与える壮大な大自然の中には、いったいどんな...
ミルフォードサウンドが人気の理由は?絶景と野生動物の楽園だった!観光地に行く前に「すごく良かった」という情報を耳にする事はよくありますよね。 ところが実際は意外と「そうでもなかった」という経験を...
ハリネズミは野生でもインスタ映える⁈道路の横断画像が超絶可愛い!日本ではあまり見かけることが無い野生のハリネズミですが、海外にはたくさんのハリネズミが生息している国があります。 自然豊かな観光大...

まとめ

面積が日本のおよそ4倍もあるアラスカなので、動物の身体が大きくなるのは当然かもしれません。

実は当たり前のことですが、地球上に人間社会とは別の時間が流れていることを想像するのは不思議な感覚ですよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!