雪崩ビーコンの種類や必要性は?バックカントリーで義務の可能性も!

スキーやスノーボードの愛好者にとって、パウダースノーが特に好きだという方は多いのではないでしょうか。

飛躍的な道具の進化やインターネットから得るノウハウや場所の共有などによって、現在は世界的なバックカントリーブームになりました。

これからバックカントリーを始めようと考えてる人にとって、悩みの多い部分の1つがビーコンだと思います。

今回は、そんなビーコンの必要性や種類などについて簡単にご紹介していきます。

スポンサーリンク

ビーコンの必要性

パウダースノー好きのスキーヤーやスノーボーダーにとって、バックカントリーは憧れのフィールドですよね。

魅力的ではありますが管理されたスキー場とは違い、遭難雪崩といったリスクもあります。

ビーコンを持つ理由は2つあり、雪崩による「埋没者を見つける」「埋没した時に見つけてもらう」ことです。

適切にビーコンを使えれば、いざ埋没した時に仲間や自身の生還の可能性を飛躍的に高めてくれるはずです。

他にも日本雪崩ネットワークによれば、「救助に関わる第三者に不要なリスクを冒させないためにも所持すべき」という理由もあるようですね。

今後はビーコンの義務化が増えるかも?

アウトドアとパウダースノーブームの影響のためか、ここ数年は日本全国で雪崩事故が多いイメージがありますよね。

そういった背景もあったと思いますが、バックカントリーで人気のある富山県の立山では入山の際にビーコン所持が義務化されました。

仮にガイドがいるツアーだったとしても必ず携帯しなければいけないようです。

パウダースノーで有名な北海道のニセコでは、独自のルールのもとで「コース外滑走」ができるエリアもあり、そこではビーコン所持が推奨(義務ではありません)されています。

日本は世界的に見てもパウダースノーが多い国なので、将来的にはニセコのようなスキー場が増えることも考えられます。

すでに一部ではビーコンチェッカーが設置されてるスキー場もあり、今後はスキー場単位でのビーコン義務化が進んでいくかもしれませんね。

ビーコンは持ってるだけでは意味がない

ビーコンは持っているだけではほとんど意味がなく、最大限に生かすにはトレーニングが必要です。

おそらくバックカントリーでは数人のグループで行動することが多いと思うので、使い方を知ってる人にしっかりと教えてもらい、何度も練習しましょう。

初心者だけの場合は、雪崩や救助に関する講習会もあるので参加して情報を得る方法もあります。

そして一番重要なのは、天候や雪の状況把握、滑る技術なども含めて、雪崩にあわないための行動をとることです。

☟バックカントリーに関する記事はコチラ

佐々木大輔(スキー)の経歴や世界初の偉業は?結婚相手も有名人だった!
ビックマウンテンスキーヤーで国際山岳ガイドや講演会の講師もつとめる佐々木大輔さん。 長年にわたって世界中の名峰をスキーで滑るという過酷な挑戦を続けて...
ほぼ遭難?雪山で12日間の吹雪に耐えたスノーボーダーが驚愕の滑り!
アメリカ出身のプロスノーボーダーであるジェレミー・ジョーンズ(Jeremy Jones)さん。 冒険的なスノーボードを追い求めて、20年以上も手つか...

ビーコンの種類

ビーコンにはアナログ式とデジタル式がありますが、現在は初心者にも使いやすいデジタル式が主流になっているので、デジタル式だけについて簡単に説明していきます。

ビーコンには機種によって1〜3本のアンテナがあり、そこから出ている電波を探知します。

アンテナの数が多い方が初心者には使いやすく値段も高いと思って間違いないでしょう。

捜索される時のモードはどの機種も1本のアンテナからでる電波ですが、捜索する時のモードでアンテナ数が替わります。

アンテナが1本や2本のモデルに比べて、3本アンテナは埋没者までの正確な距離がわかるなど、圧倒的に捜索がしやすいのが特徴です。

個人的に使用者が多いと感じた3本アンテナの機種をいくつかご紹介しておくので、性能や価格の参考にしてみてください。

ビーコン選びに迷ったら?

ビーコンはメーカーや機種によって多少なりとも使い方は違ってきます。

どのビーコンにしようか迷っている場合は、仲間と同じ機種がおすすめです。

理由としては、使い方を共有できるのでお互いのレベルアップに繋がるのと、捜索時の互換性が良いという意見もあるからです。

ビーコンはレンタルもできる

ビーコンの価格は、およそ2万〜6万円。値段だけを見れば安い買い物ではないありませんよね。

使う頻度が年に1〜2回程度の予定なら、レンタルできるお店もあるようです。

もしガイドツアーに参加するならガイド会社が用意してくれることもあるので、個人や仲間だけで行動する予定のない方は今すぐに購入しなくても良い場合もあります。

しっかりと情報を集めて自分にあったビーコンを見つけ、ショベルやプローブ(ゾンデ)なども合わせてそろえましょう。

☟話題のスプリットボードについての記事はコチラ

スプリットボードって何?バックカントリーがしたい人は要チェック!
雪山を歩いて登る時にはスキーになって、目的地から滑る時にはスノーボードになる。 そんな便利アイテムのスプリットボードを利用する人が少しずつ増えていま...
スプリットボードのメリットとデメリット?愛用者のリアルな意見も!
バックカントリースノーボードで大注目のスプリットボードに興味があるスノーボーダーは大勢いると思います。 購入の検討はするものの、考えすぎてシーズンが...

スポンサーリンク

まとめ

バックカントリーはネガティブな意見や実際にスキー場と比べて危険もありますが、多くのスキーヤーやスノーボーダーにとって素晴らしい経験が待っているでしょう。

表面的で簡単な情報でしたが、これから始める人たちにとって少しでもお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

雪崩ビーコンの種類や必要性は?バックカントリーで義務の可能性も!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ