スケボのビッグエアがありえない!高さ10m以上の空中戦を五輪で採用は?

東京オリンピックで採用が決定したスケートボードは、欧米を中心にスポーツやカルチャーとして定着しています。

エクストリームスポーツの最高峰として知られる「Xgames」でも、スケートボードは大人気の種目なんですよね。

特にビッグエア競技の高さはケタ違いの迫力があり、とても同じ人間が行なっているとは思えないほどです。

オリンピックではパークとストリートが競技として採用されますが、将来的にビッグエアはオリンピック競技になるのでしょうか?

スポンサーリンク

Big Air(ビッグエア)について

ビッグエアについては、エクストリームスポーツに興味がある人なら一度は聞いたことがある言葉だと思います。

日本でも以前開催されていたスノーボードの「TOYOTA BIG AIR(札幌)」「NISSAN X-TRAIL JAM(東京ドーム)」が有名です。

キッカーと呼ばれる巨大なジャンプ台から飛び出して技の難易度を競う人気の競技なので、テレビで見たことがある方も多いのではないでしょうか。

スケートボードのビッグエアが凄い!

スケートボードのビッグエアは、世界最高峰のエキストリームスポーツ大会として知られる「Xゲーム」で行われています。

スノーボードと同じように巨大なジャンプ台を飛びますが、着地の後にはクオーターパイプと呼ばれるさらに巨大な垂直の壁からのジャンプがあります。

驚きのポイントは最高到達点の高さで、下からの落差が最高10m以上にもなるそうです。

スノーボードでいうハーフパイプ(パイプの2分の1)の片方の壁だけを使う、クオーターパイプ(パイプの4分の1)と同じようなジャンプ台ですが、とにかく迫力があるので見ているだけでも大興奮の競技なんですよね。

スケートボードのビッグエア動画

「百聞は一見にしかず」と言いますが、スケートボードのビッグエアはとても良い例えになると思います。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=5FrqJjinrKc

とても足とボードが固定されていないとは思えないですよね。

ちなみに、動画の一番最後に飛んでたトム・シャーさんは当時14歳で優勝。

アメリカで開催されたXゲーム史上最年少での金メダリストになりました。

スケボのビッグエアはオリンピックで採用されるの?

東京オリンピックのスケートボードは、お椀状のコースで技を競う「パーク」と、手摺りや階段を使って技を競う「ストリート」が採用されます。

もしビッグエアがオリンピック競技になれば絶対に面白いと思いますが、東京オリンピックでは採用されません。

☟スケボ五輪メダル候補についての記事はコチラ

西村碧莉がかわいいと話題!スケボ3姉妹の父親や女子初の快挙とは⁈
東京オリンピックの採用が決まったスケートボードで、早くもメダル候補になっている日本人女性がいます。 現役高校生でありながらXゲーム優勝など、国際大会...
中村貴咲の経歴がすごい!天才スケーターが東京五輪でメダル獲得か⁈
東京オリンピックの正式種目に採用されたスケートボードで、いち早くメダル候補に名前があがった日本人女性がいます。 現役高校生でありながらXゲーム優勝な...
堀米雄斗(スケボ)の経歴や父親と高校を調査!年間骨折4回って本当?
2020年の東京オリンピックで正式種目に採用が決まったスケートボード。 日本人選手が男女ともにXゲームで優勝するなど、とても話題になっていますよね。...

今後のオリンピックでの可能性は?

2018年の冬季平昌オリンピックで、スノーボードのビッグエアが新種目として採用されました。

現在は、オリンピックで6種目の競技がおこなわれているスノーボードですが、初めて登場した長野オリンピックでは、ハーフパイプと大回転の2種目だけでした。

スケートボードもこれからさらに人気が出ると思うので、東京オリンピック以降でビッグエアが追加される可能性は十分にあると思います。

スポンサーリンク

まとめ

日本でも徐々にスポーツとして認知され、若い世代を中心に人気があるスケートボード。

横ノリ系スポーツの活躍が目立つ日本ですので、いつかビッグエアでも日本人スター選手が生まれるかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

スケボのビッグエアがありえない!高さ10m以上の空中戦を五輪で採用は?
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ