BMXビッグエアはオリンピック採用になるか?大迫力の空中戦がヤバイ!

エクストリームスポーツ最高峰のイベントとして知られるXゲームでは、BMX(自転車)のビッグエアがあります。

スピード、滞空時間、難易度、すべてが異次元のスポーツに感じるほどの大迫力。

落差がおよそ10mにもなる巨大なジャンプと華麗なトリックに挑む選手たちには脱帽です。

そんなBMXのビッグエアがオリンピック種目になる可能性について考えてみました。

スポンサーリンク

BMXについて

BMXはバイシクルモトクロス(Bicycle Motocross)の略で、レースやジャンプなどをする競技用の自転車です。

日本では、公園などで曲芸師のようなトリックをするフラットのイメージが強いかもしれません。

実はBMXにも、スノーボードやスケートボードのように色々な競技があります。

BMXはオリンピック種目

2008年の北京オリンピックからBMXのレースが、オリンピックの正式種目になりました。

オリンピックではスーパークロスと呼ばれるレースが採用されています。

コースの途中には15mの距離を跳ぶジャンプ台が設置されることもあり、欧米を中心に人気の高い競技です。

東京オリンピックはBMXのパークも採用

BMXは以前からXゲームで、パークやストリートなどのフリースタイル競技がおこなわれていました。

そしてついに、東京オリンピックではパークが正式種目に採用が決定しています。

日本人選手では、高校生の中村輪夢さんに注目が集まっているので楽しみですね。

中村輪夢(BMX)の経歴や父親と高校は?名前の由来と彼女の噂も調査!
2020年の東京オリンピックでBMXフリースタイル・パークが新種目に決まりました。 同じく新種目に採用されるスケートボードやクライミングなど、どんど...

BMXのビッグエアについて

日本ではスノーボードのイメージが強いビッグエアですが、XゲームではスケートボードやBMXでも採用されています。

スケボのビッグエアがありえない!高さ10m以上の空中戦を五輪で採用は?
東京オリンピックで採用が決定したスケートボードは、欧米を中心にスポーツやカルチャーとして定着しています。 エクストリームスポーツの最高峰として知られ...

巨大なジャンプ台を飛んだ後に、さらに巨大なクォーターパイプ(パイプの4分の1)と呼ばれる垂直な壁から飛び上がります。

下からの落差は最大で10m以上になるようですが、「かっこいい」と言うよりは、単純に「すごい」と思いますね。

BMXのビッグエア動画はコチラ

ジャンプだけでもすごいのに、宙返りや自転車を回したりもするので観客席も大盛り上がりです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ufH-0QAgGeE&t=41s

BMXのビッグエアがオリンピックで採用は?

東京オリンピックが開催されるまでは、BMXの歴史でオリンピック種目はレースだけです。

今ではオリンピックで6種目おこなわれているスノーボードも、初めて採用された時は2種目だけでした。

平昌オリンピックではスノーボードのビッグエアが採用されたので、将来はBMXでの採用も十分に可能性はありそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

日本ではまだマイナーかもしれませんが、本場アメリカでは観客の数も多いです。

選手も本気ですが応援する方の熱量も伝わってくるので、これからもBMXの進化がとても楽しみですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

BMXビッグエアはオリンピック採用になるか?大迫力の空中戦がヤバイ!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ