スキーで崖からクリフジャンプ!落差78mの衝撃着地で結果がヤバイ?

手つかずの山などを滑るエクストリームスキーでは、巨大な岩からジャンプをする人たちがいます。

クリフジャンプと呼ばれ、プロなら高さ15m以上の崖から飛ぶこともあるそうです。

そんなクリフジャンプの歴史の中で伝説になっているジャンプがあります。

落差78mという崖から世界記録に挑戦したスキーヤーの結果がすごいことになっていました。

スポンサーリンク

クリフジャンプをするスキーヤー

この偉大な挑戦をしたスキーヤーは、アメリカ出身のジェイミー・ピエールさんという方です。

フリースタイルプロスキーヤーとして、過去にいくつものクリフジャンプに成功したことでも知られていました。

数々のクリフジャンプに挑戦

ピエールさんのクリフジャンプへの挑戦は1999年頃から始まったそうです。

整備されたスキー場とは違い、何があるのかわからない状況の山の中では経験と技術が必要。

初めの頃は12〜15mを飛んでいたようですが、年々高さが上がり、30m級、50m級にも成功しました。

クリフジャンプの世界記録に挑戦

ピエールさんが56mのクリフジャンプに成功した後は、当時の世界記録だった69mを超えることを目標に様々な崖を見に行ったそうです。

そして、2006年にアメリカのワイオミング州にあるグランド・ターギー・リゾートのバックカントリーで、およそ78mのクリフジャンプに挑みました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=-RYkapHBVs8

クリフジャンプで無傷の生還

飛び出しから3分の1くらいの高さまでは安定してるように見えましたが、半分を過ぎた頃には背中の方向に回転が始まっています。

身体が戻ることは無く、ほとんど頭からの着地にも見えますね。

すぐにスタッフが助けに向かいましたが、最後は残りの斜面を笑顔で滑るほどの余裕。

信じられなくて、初めてこの映像を見た時は声を出して笑ってしまいました。

高さ78mをビルで比較

すべての建物に当てはまるわけではありませんが、78mは日本の集合住宅でいうと25階くらいの高さです。

聞いてるだけでも足がスクみそうですが、そこからスキーに乗ってジャンプをしたんですよね。

クリフジャンプの世界記録は更新されている

ピエールさんの綿密な計画によって樹立した偉大な記録は、わずか2年後の2008年に破られました。

ノルウェーのプロスキーヤー、フレッド・シバーセンさんが撮影中に意図せず(事故で)崖からジャンプ

奇跡的に命に別状が無かったことで世界記録の更新になりましたが、その高さは驚きの107m!無事で何よりでしたね。

☟他にも世界記録に関する記事はコチラ

スキーの高さ世界記録がすごい!ハイエアー14mでビル4階分の衝撃映像
以前はスピードやタイムを争うレースのイメージが強かったスキー。 今ではビッグエアやハーフパイプなど、フリースタイルスキーも注目されています。 ...
自転車で爆走のおじさんが時速220km超?世界記録の瞬間がヤバかった!
自転車の世界最高速度ってどれくらいの速さになると思いますか? 車よりは遅いと思う方も多いと思いますが、自転車レースとして代表的な競輪の最高速度は時速...
伊藤慎一(ウイングスーツ)の世界最高速度は?経歴やギネス記録も調査!
ムササビのような特殊スーツを着て空を飛ぶ、ウイングスーツ・フライング。 究極のスカイスポーツとしても知られ、動画投稿サイトなどには驚きの映像がたくさ...

スポンサーリンク

まとめ

スキー界の歴史的クリフジャンプを何度も成功させてきたジェイミー・ピエールさんですが、2011年にアメリカのユタ州で、雪崩事故により38歳の若さで亡くなったそうです。

新たな巨大クリフジャンプを見ることはできませんが、ピエールさんの残した数々の功績と今でも語りつがれる伝説のクリフジャンプはスキー界で生き続けるでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

スキーで崖からクリフジャンプ!落差78mの衝撃着地で結果がヤバイ?
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ