池田大亮(スケボ)のプロフィールや経歴と高校!五輪でメダルと父親は?

2020東京オリンピックで日本人選手が大注目のスケートボード。

アクションスポーツの最高峰として知られるXゲームで優勝などが話題になっています。

今回は、東京オリンピックでメダルの期待もされている池田大亮さんのプロフィール経歴高校父親についても調べてみました。

スポンサーリンク

池田大亮のプロフィール

名前:池田大亮(いけだだいすけ)

生年月日:2000年8月4日

出身地:東京都大田区

職業:高校生、プロスケーター

スポンサー:ムラサキスポーツ、Nike SB、など

出典:https://www.instagram.com/ikeda__daisuke/

スケートボードの経歴

池田さんは4歳の頃からスケートボードを始めました。

小学校2年生まではサッカーもしていましたが、試合のある土日にスケートボードの練習ができないという理由でやめたそうです。

幼少期からスポーツ少年だったようですね。

2015年には、14歳以下の世界選手権で優勝

2016年には、AJSA(日本スケートボード協会)のグランドチャンピオンにもなりました。

2017年には、オリンピックへの強化も兼ねた「第1回日本スケートボード選手権」優勝

東京オリンピックでメダルも期待されるトップスケーターとして活躍しています。

出典:https://www.instagram.com/ikeda__daisuke/

高校は?

プロとしても活動している池田さんは、四ツ谷にある第一学院高等学校という通信制高校に通っています。

現在は週2回の通学らしく、スケートボードの練習をメインに考えて入学したようです。

入学式では新入生代表として挨拶もしたそうです!立派ですね。

毎日10時間ほど練習するという池田さんにとっては、高校生活との両立にとても良い環境かもしれませんね。

きっかっけは父親

池田さんは、父・母・弟の4人家族です。

実は、スケートボードを始めるきっかけになったのは、スノーボードをしていたお父さんの影響でした。

なんと2歳の頃からスノーボードを始めると、夏にできる練習も兼ねて親子でスケートボードを始めたそうです。

弟さんも一緒に練習してきたようなので、仲の良い家族の姿が目に浮かびますよね。

スポンサーリンク

まとめ

男女ともに注目度が高いスケートボードですが、スノーボードやサーフィンよりは身近で始めやすいかもしれませんね。

メダル獲得に向けて池田大亮さんの活躍が楽しみです(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

池田大亮(スケボ)のプロフィールや経歴と高校!五輪でメダルと父親は?
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ