アメリカ

デスバレー国立公園が絶景!世界最高気温の場所で石が動く現象とは?

アメリカのカリフォルニア州に位置する『デスバレー国立公園』。

世界で最も暑い場所として知られていますが、そこは絶景の宝庫でもあります。

見どころ満載の大自然以外にも、勝手に石が動くという不思議な現象まで起きているとか。

今回は、そんな魅力たっぷりな人気観光地『デスバレー国立公園』についてご紹介していきます。

デスバレー国立公園について

デスバレー国立公園は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のシエラネバダ山脈東部に位置します。

面積は13158平方キロメートルで、長野県と同じくらいの大きさがあるアメリカで最も大きな国立公園です。

公園内のほとんどがカリフォルニア州ですが、一部はネバダ州にまたがっています。

“デスバレー(死の谷)”という名前は、1849年に金鉱地へ向かうグループがこの場所に迷い込み、暑さと水不足から数名が命を落としたことが由来になっているとか。

恐ろしい呼び名ですが、それ以降に命を落とした人の記録はないそうです。

数多くの絶景があり、ラスベガスからの日帰りツアーも人気があるようですね。

デスバレー国立公園で世界最高気温を記録

アメリカの国立公園の中で最も暑く乾燥した地域のデスバレー国立公園は、1913年7月10日に世界最高気温の56.7℃を記録

年間の降水量は50mm以下らしく、まれに0mmの年まであるとか。

日本のように湿度のある40℃も暑いと思いますが、湿度が極端に低い中での56.7℃は想像を絶するものでしょうね。

デスバレー国立公園のバッドウォーター

北米大陸で最も低い場所になるバッドウォーターは、海抜がマイナス86mの地点にあります。

周りには標高3000mを超える山もあるので、バラエティに富んだ地形ですよね。

元々は塩水湖でしたが、干上がって塩の結晶が残り、画像のような白い道になったようですね。

デスバレー国立公園のアーティスト・パレット

アーティスト・パレットは崩れた岩肌から、赤、青、黄、緑などの色をした鉱石が露出しています。

まるで絵の具をたらしたパレットのように見えることから、こう呼ばれるようになったそうですが、とてもキレイな場所ですよね。

デスバレー国立公園のザブリスキーポイント

朝日や夕日に照らされる時は、波打つようにうねる地形と地層に含まれる鉱物の反射で色鮮やかに輝くというザブリスキーポイント。

秘境のためアクセスは困難を極めるようですが、ぜひ行ってみたいポイントですね。

デスバレー国立公園の不思議な動く石

主な見どころは絶景になりますが、デスバレー国立公園には不思議な現象が起こるそうです。

レーストラックと呼ばれる場所では、ひとりでに動く石があり、地面には石が動いた跡だけが残っています。

長年にわたって様々な仮説がたてられてきましたが、2014年にこの大きな謎が解明されました。

それは、冬にできた氷が割れた後、風で移動する時に石も押されて移動しているということがわかったようです。

原理がわかるとなっとくできますが、この珍しい光景も必見ですね。

☟他にもアメリカの絶景に関する記事はコチラ

米国イエローストーンの見所や噴火はいつ?山がない超巨大火山が絶景!アメリカ北西部に位置する世界的な人気観光地のイエローストーン国立公園。 数多くの国立公園があるアメリカの中でも、最大な面積を有する...
『ザイオン国立公園』の見所や入園料は?聖域と呼ばれる絶景が美しい!アメリカではグランドキャニオン並みに人気があると言われる『ザイオン国立公園』。 公園内には、標高がおよそ2000mもある巨大で大迫...
アメリカ『化石の森国立公園』は神秘的な2億年以上前の木が触れる⁈アメリカのアリゾナ州にはとても不思議な森があります。 そこは樹木が長い年月をかけて、化石化してしまった『化石の森』と呼ばれる国立公...

まとめ

魅力的な要素が多いデスバレー国立公園ですが、十分な水分と日焼け対策は不可欠です。

もし観光に訪れる際には、熱中症対策などをしっかりしてから楽しみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!