GoProゴープロ最新作の性能や値段は?前機種との比較とドローン情報

これまでも数々の”見た事がない映像”を記録してきた小型アクションカメラのGoPro

最新モデルは世界中のアマチュアからプロまで大人気のHEROシリーズや、なにかと話題のドローンに関わる製品もあります。

アウトドアや旅行にアートなど、ニューモデル登場の度に大活躍が期待される最新作のGoProについて調べてみました。

スポンサーリンク

最新モデルのスペック

GoPro最新モデルは『HERO5 BLACK』『HERO5 Session』が発売されました。

記事が長くなるので、今回は第3世代から続く『HERO5 BLACK』について調べてみました。

『HERO5 Session』についての詳しい記事はコチラをご覧ください。

GoProで史上最も小さいカメラの最新モデルが高スペックで再登場!
これまで数々の”高スペック小型アクションカメラ”を生みだしてきたGoProですが、新作は世界中で大人気のHEROシリーズや、なにかと話題のドローンに関わる...

HERO5 BLACKのスペック

  • タッチパネルのディスプレイ(2インチ)
  • ビデオ撮影の解像度が最高4K/30fps
  • 写真撮影の解像度が12MP(1200万画素)
  • クラウドサービスへの自動アップロード機能
  • 音声操作(7ヵ国語対応)機能
  • 1つのボタンでOn/Offと撮影が可能
  • 10mの防水(従来の専用防水ケースが不要)
  • これまでのGoProマウントでも使用可能
  • ステレオ録音/風切り音の低減
  • デジタル手ぶれ補正
  • 広角の歪みを低減したリニアビュー(後ろの画面)
  • RAW/WDR(多重露出撮影)での写真撮影が可能
  • GPS搭載

HERO5 BLACKの価格

価格は税抜きで47,000円です。

HERO5 BLACKの紹介動画

日本語字幕もありますので、開発者の言葉を聞きたい方はご覧ください。

前モデルとの比較

使用していけば比較できるポイントはいくつもありそうですが、HERO4(Black/Silver)と比べて変わった個所や新機能個人的に気になったところをピックアップしていきたいと思います。

変わった個所

操作ボタンが一つ

HERO4にはボタンが3つあり、操作を覚えるのに少し時間が必要でした。

HERO5はボタン1つですべての操作が可能になったので、操作が覚えやすくなったようです。

専用防水ケースが不要

HERO4まではハウジング(専用の防水ケース)が必要でしたが、HERO5は本体のみでも10mまでの防水に対応しています。

おそらくハウジングを使用すれば、前モデル同様に40mまでの防水にも対応していると思われます。

ケースを使用しないので音声の録音にも優れているようですね。ケースを使用すると、どうしてもコモった音になってしまいますが、HERO5 BLACKには3つのマイクがついていて、その時に一番良い音を撮影と同時に記録してくれます。

ディスプレイ

タッチパネルのディスプレイ(2インチ)が付きました。HERO4では、解像度で劣るSilver editionには付いていたのですが、解像度が高いBlack editionには付いてなかったので、この2機種の良いとこ取りといった感じでしょうか。

新機能

初のデジタル手ぶれ補正

「ついに!」と言ったところでしょうか。GoProはアクションカメラの先駆者でありながら、今までは他メーカーが搭載していた高性能な手ぶれ補正機能がありませんでした。

今回GoProに初めてデジタル手ぶれ補正機能がついています。

音声操作

アクションカメラでは初めての機能ではないでしょうか。個人的に一番気になった機能ですね!

7ヵ国語(英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、中国語、日本語)に対応していて、たとえば「写真撮って!」と言えば、ボタン操作無しで写真を撮ってくれます。

HERO5 BLACK/Sessionの両方に搭載された機能で、小さい子供やペットを抱きながらの撮影動きながらの撮影もできるので、今までよりもさらに撮影の可能性が広がりそうですね。

クラウドサービス

撮った映像や写真がクラウドサービスGoPro Pulsに自動でアップロードされます。

常に編集作業の準備が始まっている状態で、専用アプリを使えば自動で音楽に合わせて編集してくれて、映像の切り替えや文字の追加などもできるようです。

慣れれば誰でも2分ほどで作業ができるらしいので、インスタグラムやフェイスブックにも簡単に投稿できそうですね!

RAW/WDRでの写真撮影

プロやハイアマチュアが好んで使用するRAW(生データ)撮影は、画像データをほとんど生の状態で保存できるので、より繊細な編集ができます。

WDR(多重露出撮影)は、2枚以上の違う写真を重ねて1枚の写真に写すことで、幻想的でアートのような写真が撮れるので、花火や夜景などの撮影に使用される事が多いですね。

GPS

動画や写真を撮影した場所を記録してくれるようなので、旅行中などに撮影した場所も簡単に確認できます。

変わらない個所

ビデオ解像度と写真の画質

この部分は気になってる方も多いと思います。最高解像度は4K/30fps、画質は12MP(1200万画素)で、これまでのハイスペック機(HERO4 BLACK EDITION)と比べて同じでした。

ここまでの解像度や画質があれば、十分に高スペックなので満足はできるでしょうね。

4K/30fphについて

ちなみに、4K/30fphって「結局は何?」と思ってる方もいるかもしれませんので、簡単に説明します。

4Kは画面に映る画素数(粒のようなものです)が、横3840×縦2160合計829万4400あるということで、フルハイビジョン(横1920×縦1080で合計207万3600)の約4倍の画素数のことです。

Kは1000の意味なので、横3840(約4000)が、4Kと呼ばれています。

30fphについては、動画は連続した写真がつながった物だと理解していればイメージしやすいと思いますが、30fphなら1秒間に30枚の写真が映し出されているような状態ということです。

もっと簡単に言えば大きい画面で見ても、とてもきれいに映るということですね。笑

☟話題のGoProに関する記事はコチラ

五輪金メダリストの目線を体感!高速スキーレース時速100kmの世界
冬季オリンピックで人気種目のアルペンスキー。スピード感だけでなく相手と速さを競うところは、見てるだけでも面白い競技ですよね。 テレビなどで滑っている...
【珍しい映像】カモメに盗まれたカメラが奇跡的に録画されていた!
動物を観察していると面白い行動をする時がありますよね。 ペットに癒されたり笑えたり、ずっと見ていても飽きない野生動物の姿などには、日常を忘れさせてく...

ドローンが登場!

なんと、GoProからドローンが発売されました!

goproさん(@gopro)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/gopro/?hl=ja

小型のドローンで名前が『KARMA』(カルマ)。本体の重さが約1kgと軽く、折りたためるので、専用のバックパックに収納して簡単に持ち運びができるようです!

『KARMA』についての詳しい記事はコチラをご覧ください。

ドローンが収納できる!あのGoPro社が本気で開発したカルマに注目!
これまで数々の革新的な製品を生みだしてきたGoProからドローンが登場しました。 アクションカメラの『HERO』シリーズは、世界中のアマチュアからプ...

スポンサーリンク

まとめ

まさか、新作にドローンまで登場するとは思いませんでしたが、誰でも簡単に操作できるカメラ(HERO5)が完成するまでに14年かかったそうです。

これまでの経験や挫折、購入者も含めて、関わったすべての人の想いが詰まってそうですね。

GoProが自信を持って作り上げた新作のHERO5が、またも映像の常識を打ち破ってくれるでしょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

GoProゴープロ最新作の性能や値段は?前機種との比較とドローン情報
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ