ほぼ遭難?雪山で12日間の吹雪に耐えたスノーボーダーが驚愕の滑り!

アメリカ出身のプロスノーボーダーであるジェレミー・ジョーンズ(Jeremy Jones)さん。

冒険的なスノーボードを追い求めて、20年以上も手つかずの雪山を滑り続けています。

時には危険な目にもあっていて、アラスカの山奥では吹雪に耐えながら12日間もテントで過ごした経験があるそうです。

今回は、その時の映像を記録したドキュメンタリー作品と、ジョーンズさんの経歴やオリジナルブランドなどについてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

ジェレミー・ジョーンズのプロフィール

生年月日:1975年1月14日

出身地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケープコッド

職業:プロスノーボーダー、冒険家、ジョーンズ・スノーボード創設者

スポンサー:ジョーンズ・スノーボード、オニール、POC、など

Jeremy Jonesさん(@jeremyjones)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/jeremyjones/

ジェレミー・ジョーンズのスノーボード経歴

ジェレミー・ジョーンズさんは9歳の頃からスノーボードを始め16歳からプロとして活動。

18歳の時に初めて滑ったアラスカの山に感動したことがきっかけで、20年以上もビッグマウンテン・スノーボードの先駆者として活躍してきました。

環境保護の活動家としての一面もあり、気候変動の影響を減らすための保護団体「POW」の創設者でもあります。

自然に魅了された人は保護活動に力を入れる人が多いようですが、ジョーンズさんもその一人だったんですね。

ジェレミー・ジョーンズの過去の挑戦

これまでに数十本のスノーボード作品に出演しているジェレミー・ジョーンズさん。

長年にわたって挑んできたのはビッグマウンテン・ライディングという、アラスカを中心とした自然の山でのスノーボード。

キャリアの短いプロスノーボーダーにとって、ジョーンズさんおように長年活躍を続けるのはとても大変なことのようです。

ジェレミー・ジョーンズの初挑戦

以前のビッグマウンテン・ライディングといえば、ヘリコプターで山の上まで上がってから滑るというのが基本でした。

ところがジェレミー・ジョーンズさんは、「自らの足で登り滑る」という挑戦を始めました。

1枚のスノーボードが2つに分かれてスキーのように歩けるスプリットボードを使用し移動時間を短縮。

自ら「JONES SNOWBOARD」というスノーボードメーカーも設立しました。

Jones Snowboardsさん(@jonessnowboards)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/jeremyjones/

ジェレミー・ジョーンズがアラスカの山奥へ

ジェレミー・ジョーンズさんの新しい挑戦は過去に例がない方法だったそうです。

まずはアラスカの山奥までセスナで移動し、そこから1ヶ月以上もテント生活で撮影をしました。

この時に撮影していたドキュメンタリー作品のタイトル『Deeper』の通り、「深く」山に入りこんだようです。

途中までは順調に見えた計画もベースキャンプが完成した3日後には嵐に遭遇。12日間にわたって吹雪が続いたようです。

雪でテントが埋まると掘り起こし、吹雪から8日目にして食糧が残り2日分。補給のセスナが助けに来られる天候ではありません。

その後、彼らの運命はどうなってしまったのでしょうか?

DVD [ deeper ] @4000

価格:4,298円
(2018/6/24 17:03時点)

作品が有名映画祭で上映

この作品はアウトドア界で最も重要な映画祭の一つと言われる『バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバル』で上映されました。

この初挑戦はスノーボード業界以外からも、注目されていたようですね。

予告映像がありますが、観てるだけで足がすくみそうなほど危機感が伝わってきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=f4c2nAl0jew&t=80s

☟『バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバル』に関する記事はコチラ

スノーボードでヘリからジャンプ!急斜面での命知らずな挑戦【映像】
世界最高のプロスノーボーダーとして知られる、トラビス・ライス(Travis Rice)さん。 ドキュメンタリー映画は、スノーボードの技術だけでなく映...
白石阿島(クライミング)の出身や両親に国籍は?過去には映画出演も!
東京オリンピックの新種目に決定して注目があつまるスポーツクライミングですが、幼少期から“天才クライマー”と呼ばれている女性がいます。 オリンピックで...
傑作!日本にも生息する”あの巨大魚”を釣る海外ドキュメンタリー映画
”フライ・フィッシング”という釣りをご存知でしょうか? 毛針を使う釣りですが、そのフライ・フィッシングのドキュメンタリー映画に『イースタンライズ』と...

スポンサーリンク

まとめ

本編のDVDは日本語字幕もあって、もっと詳しい映像になっています。

世界的なバックカントリー(自然の雪山でのスキーやスノーボード)ブームの火つけ役になった作品らしく、日本でもスプリットボードを持ってる人が増えました。

最後に『JONES SNOWBOARDS』のスプリットボードをいくつか紹介しておきます。

カーボン使用の高級ボード

『JONES SNOWBOARDS』の名機、ホバークラフトのスプリットボード

日本が誇るパウダーボードのGENTEMSTICK(ゲンテン)がモデルかも?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

ほぼ遭難?雪山で12日間の吹雪に耐えたスノーボーダーが驚愕の滑り!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ