モーター

野田樹潤(じゅじゅ)の父親と中学や年収は?F1デビューの可能性に迫る!

幼少期から“天才少女”と言われ、レース界の頂点と言われるF1を目指している野田樹潤さん。

小学生の時から240km以上のスピードが出るレーシングカーを操るプロレーサーとして活躍。

現在は中学生ですが、ルックスと雰囲気の可愛いさでレース界のアイドル的存在になっているんですよね。

今回は、そんな野田樹潤さんの父親中学年収F1デビューの可能性についても調べてみました。

野田樹潤のプロフィール

名前読み:のだ じゅじゅ

生年月日:2006年2月2日

出身地:東京都(岡山県美作市在住)

職業:プロレーサー、中学生

スポンサー:ミキハウス、Tポイントジャパン、など

出典:https://www.instagram.com/101022juju/

野田樹潤は“天才少女”

野田樹潤さんは、3歳からカートに乗り始め、4歳でレースに初出場。

年齢とともにレースの階級を上げ、年上のレーサーを相手にしながら優勝を重ねました。

9歳の頃には最高速度が240km以上にもなるフォーミュラカーの練習をスタート。

ついに2017年4月にU17でF4デビューすると、わずか11歳の少女がデビュー戦で初優勝を飾りました。

F4はF1を頂点とするレース界では下位のカテゴリーですが、小学生がFIA-F4(国際自動車連盟フォーミュラ4選手権)を走行したのは世界初の快挙。

規格外の“天才少女”ぶりとルックスや雰囲気の可愛いさがあるので、今後はドンドン人気が出るでしょうね。

野田樹潤の父親は元F1レーサー

野田樹潤さんのお父さんは、元F1レーサーの野田英樹さんでした。

世界を舞台に活躍してきたお父さんのようになるのが、2歳の頃からの夢だったそうです。

現在は「NODAレーシングアカデミー高等学院」の校長を務める野田英樹さん。

自らコーチをつとめる娘の才能については、走行に重要なアクセルやブレーキの感覚などを、持って生まれたものと評価しているとか。

才能と環境がそろっているので、将来の活躍は約束されたようなものですね。

野田樹潤の中学は?

野田樹潤さんが通っている中学校について、ハッキリとした情報はありませんでした。

おそらく地元の中学校だと思われるので、実家に近い岡山県美作市立勝田中学校が有力ではないかと言われています。

練習やレースで忙しいかもしれませんが、友達と遊ぶ時間もあるようですね。

プロレーサーとして大変な時もありそうですが、ぜひ中学校生活も楽しんでください。

野田樹潤の年収は?

世界で初めて小学生にしてFIA認定F4ドライバーになった野田樹潤さん。

企業とスポンサー契約も結ぶプロレーサーの年収はどれくらいなのでしょうか。

日本屈指の元F1レーサーとして知られる片山右京さんの最高年収は7億円ほどだったとか。

世界のトップレーサーになれば10億円以上、中にはおよそ50億円にもなるレーサーもいるようです。

華々しい世界に見えるモータースポーツも現実は厳しいらしく、F4よりも上位カテゴリーのF3でさえ収入はサラリーマン以下という話もあります。

当然のことながら下位にあたるF4だけでの生活はできないのが現状ですが、野田樹潤さんはまだ自立する年齢ではないので心配ありません。

ちなみにレースを続けるにはかなりの資金が必要らしく、よほどのお金持ちかスポンサーがいなければ継続は難しいそうです。

野田樹潤さんには、企業のスポンサーもいて、PS4「グランツーリスモSPORT」のCMに出演するなど、話題性と将来性があります。

数年後には、女子高生で年収1億円なんていう現実も十分にあるでしょうね。

野田樹潤がF1デビューの可能性は?

野田樹潤さんは、女性レーサー世界初のF1優勝を目標にしています。

つまりF1デビューは通過点と考えているようです。

これまでの輝かしい経歴を考えれば、F1デビューの可能性は高そうですよね。

このまま怪我や事故などがなければ、F1優勝にだって手が届くかもしれませんね。

まとめ

野田樹潤さんの登場でレーシング界は盛り上がりそうですね。

これからも天才少女の活躍を楽しみにしています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!