五十嵐カノアは五輪で日本代表?天才サーファーの二重国籍問題とは⁈

東京オリンピックでメダル候補に名前があがる天才イケメンサーファーの五十嵐カノアさん。

アメリカ生まれであるため、日本と合わせて2つの国籍を持つ二重国籍者のようです。

そのため新種目のサーフィンでは、アメリカと日本のどちらの代表で出場するかに注目が集まっています。

グローバル化が進む現代で、五十嵐カノアさんの例を参考に、これから増えてくると思われるアスリートの国籍問題について調べてみました。

スポンサーリンク

五十嵐カノアの国籍について

ハーフのような名前の五十嵐カノアさんですが、両親は永住権を取得してアメリカに暮らしている日本人です。

生まれた土地を子供の国籍とする“出生地主義”のアメリカで生まれたカノアさんは、日本とアメリカの2つの国籍を持っているようです。

多民族の国であるアメリカには、世界各地からの移住者が暮らしています。

そういった文化的な背景からもカノアさんのように複数の国籍を持つのは、それほど珍しいことではないそうです。

日本で二重国籍は認めらていない

現在の日本では、両親の国籍どちらかを子供の国籍とする“血統主義”のため、二重国籍(多重国籍)は認められていません。

日本の国籍だけを持つ人が、日本以外の国籍を取得した場合(例えば日本の国籍だけを持つ人が、アメリカの国籍を取得した場合)は、その時点で日本国籍を失うそうです。

五十嵐カノアさんのようにアメリカ生まれの二重国籍者は、日本では原則として22歳までに片方の国籍を選ぶ義務があるようです。

世界的な活躍をするプロサーファーのカノアさんにとって非常に大事な問題だと思いますが、もう少し調べてみると意外な事実がわかりました。

五十嵐カノアの二重国籍問題は?

五十嵐カノアさんは、二重国籍が認められているアメリカで生まれたので、アメリカで国籍に関しては何も問題はありません。

問題の日本についてですが、国籍取得の手続きをしないまま22歳を過ぎたとしても、実際には日本の国籍はそのまま保持され、それ以降でも手続きはできるようです。

五十嵐カノアの場合は特に問題なし?

そここからが少しややこしい解釈になりますが、仮に日本国籍を選択したとしてもアメリカでは二重国籍が認められています

さらにアメリカ国籍の放棄手続きは簡単ではないらしいので、日本国籍を取得する際には、アメリカ国籍の離脱に対して努力義務が発生するそうです。

つまり、出生地主義のアメリカで生まれたカノアさんの場合、アメリカが国籍放棄を認めない限りは二重国籍のままという状態になります。

税関でパスポートを2つ持つ必要があるそうですが、手続きをしていれば特に罰則などといった問題は無いようですね。

☟他にも二重国籍のアスリートに関する記事はコチラ

白石阿島(クライミング)の出身や両親に国籍は?過去には映画出演も!
東京オリンピックの新種目に決定して注目があつまるスポーツクライミングですが、幼少期から“天才クライマー”と呼ばれている女性がいます。 オリンピックで...
クロエキムの経歴と国籍問題は⁈天才スノーボーダーの父親がすごい!
平昌オリンピックのスノーボード女子ハーフパイプで金メダルを獲得したクロエ・キムさん。 韓国系アメリカ人として生まれ、両親の母国で開催されたオリンピッ...

五十嵐カノアは東京五輪でどっちの代表?

2017年と2018年に、US(全米)オープンで優勝して2連覇の快挙を達成した五十嵐カノアさん。

当然の事ですが、東京オリンピックから採用されるサーフィンではカノアさんに注目が集まっています。

新種目のメダル候補なので、気持ちとしては日本代表として出場してくれると嬉しいですよね。

五十嵐カノアが日本代表で出場の意思表明

オリンピックに出場して金メダルを取ることは、五十嵐カノアさんにとって子供の頃からの夢のようです。

アメリカ代表としても十分に出場できる実力はありますが、今のところは日本代表として出場したいという考えを持っているとか。

もし日本代表としてメダル獲得をすれば、日本のサーフィン業界全体の底上げにもなると思うので、出場を期待してる人は多いでしょうね。

☟東京五輪メダル候補に関する記事はコチラ

中村貴咲の経歴がすごい!天才スケーターが東京五輪でメダル獲得か⁈
東京オリンピックの正式種目に採用されたスケートボードで、いち早くメダル候補に名前があがった日本人女性がいます。 現役高校生でありながらXゲーム優勝な...
伊藤ふたばがかわいい!クライミング女王破りの記録や父親もすごい⁈
趣味やアクティビティとして一般的にも定着したスポーツクライミング。 競技の世界ではボルダリングのジャパンカップで史上最年少優勝をした伊藤ふたばさんに...

スポンサーリンク

まとめ

国籍問題を抱えるアスリートは多いと思いますが、その国々による決まりがあるようですね。

五十嵐カノアさんの場合は、オリンピックに出場すること事態に関して大きな問題は無さそうです。

どちらの国の代表だとしても最後に決めるのは本人なので、東京オリンピックでの活躍を楽しみにしています!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

五十嵐カノアは五輪で日本代表?天才サーファーの二重国籍問題とは⁈
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ