國母和宏の現在はスノボで世界トップの称号!“腰パン”は過去の話⁈

過去のオリンピックで日本中を騒がせたあのスノーボーダーを覚えているでしょうか?

ハーフパイプで2大会連続の銀メダル獲得をした平野歩夢選手のことではありません。

バンクーバー五輪に出場した時の「腰パン」騒動が話題になった國母和宏さんの現在がすごいことになっているようです。

今回は、スノーボードで世界トップクラスの称号を手にしたという國母和宏さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

國母和宏(こくぼかずひろ)について

國母和宏のプロフィール

生年月日:1988年8月16日

出身地:北海道石狩市

職業:プロスノーボーダー

スポンサー:アディダス、オークリー、G-shock、キャピタ、モンスターエナジー、他

Kazuhiro Kokuboさん(@kazukokubo)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/kazukokubo/

國母和宏のスノーボード経歴

國母和宏さんは4歳からスノーボードを始め、12歳でスノーボード業界の最大手バートン・スノーボードとのプロ契約をしています。

“KAZU”の愛称で14歳の頃から、大手スノーボード映像プロダクションの一つであるスタンダード・フィルムの撮影に参加。

プロスノーボーダーの目標の一つでもある映像作品での個人パートを何度も獲得しています。

オリンピックのハーフパイプ日本代表選手としては、トリノ(2006年)とバンクーバー(2010年)に出場しました。

バンクーバー五輪では、腰パンの服装問題や会見での態度が話題になりましたよね。

ちなみにソチ五輪と平昌五輪で銀メダルを獲得した平野歩夢選手が一番憧れている人が意外にも國母さんのようです。

平野選手だけでなく、國母さんが多くのスノーボーダーに与える影響力はとても大きいんですよね。

☟世界トップクラスのスノーボーダーに関する記事はコチラ

平野歩夢が夏五輪も出場?イケメンメダリストのコーチは意外なあの人
ソチと平昌のオリンピック2大会連続で銀メダルを獲得したスノーボード・ハーフパイプの平野歩夢さん。 オリンピック初出場の時には中学生メダリストの誕生に...
ショーン・ホワイトが転職⁈スノボのカリスマは年収と逸話がすごい!
スノーボード・ハーフパイプ競技の絶対王者として知られるショーン・ホワイトさん。 オリンピック3度の優勝など、少年時代からカリスマとして活躍しながら業...
ほぼ遭難?雪山で12日間の吹雪に耐えたスノーボーダーが驚愕の滑り!
アメリカ出身のプロスノーボーダーであるジェレミー・ジョーンズ(Jeremy Jones)さん。 冒険的なスノーボードを追い求めて、20年以上も手つか...

國母和宏のプロ生活について

國母和宏のオリンピック後の活躍

國母和宏さんはバンクーバー五輪の直後に出場したUSオープンで日本人初優勝をしました。

USオープンはハーフパイプ競技で最も伝統のある大会として知られていますが、2011年にも優勝して2連覇を達成。

2011年度の大会前日は、あの東日本大震災が起きました。アメリカにいた國母さんは日本のニュースを見ながら茫然と座り込み涙を流したそうです。

優勝インタビューでは、「少しでも日本に喜びが届けば良い」とコメント。震災の二ヶ月後にはボランティアにも参加し自分ができることをしてきたようです。

2012年にはオリンピック3大会で金メダルを獲得した絶対王者ショーン・ホワイト以来となる、USオープン3連覇の快挙がかかっていましたが決勝を辞退。

この時期の國母さんは肉体的にも精神的にも限界で疲れ切っていたらしく、その後は大会への参加から身を引きました。

國母和宏が電撃移籍

國母和宏さんはハーフパイプ競技以外にも、プロとしてのメイン活動である映像撮影で北米を中心にバックカントリー(手つかずの自然の山)での撮影をしてきました。

撮影の時には、このように急な斜面を滑っています。

Kazuhiro Kokuboさん(@kazukokubo)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/kazukokubo/

2010年には当時のスポンサーだったバートンスノーボードのチームビデオでオープニング・パートを獲得。

この頃は世界中の雑誌で6度の表紙を飾り、取り上げられた総ページ数は142ページ、WEBでは約13万6000記事1万8000枚以上の写真が掲載され名実ともに世界トップクラスの仲間入りを果たしました。

人気絶頂で順風満帆にも見えた國母さんでしたが、疲れとスノーボードに対して嫌気がさしたのか一時はやめようと思ったこともあったとか。

そんな時にスノーボード業界へ本格参入したアディダスに誘われ、バートンスノーボードからの電撃移籍をしました。

他にも人気スノーボードブランドCAPITA(キャピタ)と契約し、新しい気持ちでスノーボードと向き合えたそうです。

國母さんは一流のスノーボーダーだったからこその悩みが沢山あったのかもしれませんね。

今では「KAZU KOKUBO PRO」という板が発売されるほど、メーカーにとっても大切な存在になっているようです。

國母和宏の現在がすごい

國母和宏が世界トップの称号

國母和宏さん2016年に『STRONGER.』というスノーボードの映像作品に出演して『年間ベストビデオパート部門』を日本人で初受賞

ついにスノーボード界で世界一の称号を手に入れました!

この賞はアメリカの大手メディア「TRANSWORLD SNOWBOARDING」が主催する授賞式で与えられ、映画界で言えばアカデミー賞に例えられるほど栄誉ある賞のようです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2-VmhrVVn50

國母和宏の現在のライフスタイル

仕事で世界中を飛び回る國母和宏さんですが、現在は結婚して2人のお子さんがいます。

オフシーズンは地元の北海道で暮らし、子育てや自宅の庭に作った畑で野菜を育てるというシンプルな生活をしているそうです。

今では國母さんのような生き方に共感して憧れるスノーボーダーも多いとか。

長期で自宅を離れることが多い國母さんは家族と過ごす幸せな時間を一番に大切にしているようですね。

スポンサーリンク

まとめ

常に危険と隣り合わせの職業で世界のトッププロとして活躍しているのは本当にすごいですよね。

プロスノーボーダーとしてだけでなく、家族を支える父親としても國母和宏さんの今後の活躍がとても楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

國母和宏の現在はスノボで世界トップの称号!“腰パン”は過去の話⁈
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ