キックボードはブランド名で本当の名前は?実はトリックが格好良い!

日本でも大流行したキックボードですが、子供たちの遊び道具としても人気がありますよね。

この聞き慣れた「キックボード」という名前はどうやら正式名称ではないようですよ!

今回はキックボードの本当の呼び名と、まるでスケートボードとBMXを合わせたようなトリックがオシャレで格好良いフリースタイルについても調べてみました。

スポンサーリンク

キックボードについて

キックボードはブランド名だった!

キックボードという名前は、スイスの「Micro Mobility Systems」とアメリカのスポーツメーカー「K2」のドイツ支部が共同開発した三輪キックスクーターと、「K2」が独自に展開したキックスクーターのブランド名です。

タイヤが前後について腰くらいの高さに持ち手がある地面を蹴って進む乗り物ですが、実はブランド名だったんですね。

キックスクーターについて

日本ではキックボードの愛称でお馴染みですが、元々はスクーター(Scooter)やスクート(Scoot)と呼ばれていたそうです。

1990年代後半に折り畳み式が登場すると史上が拡大し、キックスクーターの名称が使われるようになりました。

ドイツのスクーターメーカー「Ciro(チロ)」が開発した三輪スクーターを原型として開発されたそうですが、誕生の裏にはドイツでスケートボードの人気が出なかったので、入門用として企画されたという説もあるとか。

日本でも見慣れているのは前後二輪のタイプだと思いますが、2000年頃に大流行したので持っていたとう方も多いのではないでしょうか!

流行について

日本での流行

日本では1999年頃に登場すると、電車や地下鉄に持ち込める手軽な移動手段として都市部の若者から人気が広がりました。

折り畳み自転車やスケートボードよりも軽くてコンパクトなので、女性や子供でも使えたのが流行の理由らしいです。

オシャレなアイテムとして近年も密かにブームの兆しがあるようですね(^^)

海外での流行

海外ではスケートボードをする少年少女たちよりも小さい子供たちが乗る事が多く、スケートパークでも普通に大人と混じって滑っている姿もよく見かけます。

自転車のように移動手段としても使えて、スケートボードよりも扱いが簡単らしく、まずはキックボードという考えもあるとか。

フリースタイルスクータリングと呼ばれる、ジャンプやトリックをする専用のキックスクーターも発売され欧米諸国を中心に人気が広まっているようです。

☟世界が驚いたエクストリームスポーツに関する記事はコチラ

大迫力の空中戦!世界トップクラスのBMXビッグエア!五輪採用は?
日本ではスノーボードでお馴染みのビッグエアですが、エクストリームスポーツの最高峰Xゲームでは、BMX(自転車)にもあります。 スピード、滞空時間、難...
【衝撃】伝説の男も大興奮!スケボのビッグエアで大迫力の横3回転!
若手アスリートの活躍が目立つエクストリームスポーツですが、スケートボードのビッグエアが凄い事になっています! パークやストリートでのトリックもカッコ...
落差20mの滝からボートで落ちる!カヤッカーの無謀すぎる挑戦が凄い
みなさんは滝を見に行くことはありますか?近くで見ると岩が削られたり轟音や風など、水の力をもの凄く感じますよね。 今回は、なんと落差が20mもある滝か...

キックスクーターの映像

キックスクーターにも、格好良くてアクロバティックなトリックがたくさんありました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=0bKd_oT5D2g&t=8s

スポンサーリンク

まとめ

スケートボードの流行も復活してきたので、次はキックボードかもしれませんね。

流行は繰り返すと言いますが、ファッションやカルチャーは、その時代にあった進化を繰り返しながら発展していくのかもしれませんね(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

キックボードはブランド名で本当の名前は?実はトリックが格好良い!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ