レイクルイーズは最も美しいスキー場?世界遺産の絶景を滑ってみた!

カナディアンロッキーの宝石と呼ばれるレイク・ルイーズには、北米で最も美しいと言われるスキー場があります。

雄大なロッキー山脈に囲まれてのスキーやスノーボードは人生に素晴らしい経験を与えてくれるかもしれません。

今回はレイク・ルイーズ・スキーリゾートについて調べたこと、実際に行ってみた感想についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

レイク・ルイーズ・スキーリゾート

最も美しいスキーエリア

レイク・ルイーズ・スキーリゾートは、世界遺産に登録されているバンフ国立公園内にあり、スキー場の人気投票では『北米で最も美しいスキーエリア』にも選ばれたこともあります。

絶景のロッキー山脈に囲まれた綺麗なレイアウトのコースは、スキー場エリアの隅々まで移動しやすい設計になっているように感じました。

出典:https://www.instagram.com/skilouise/

眼下に見えるレイク・ルイーズ

正面にあるメインのコースでは凍結したレイク・ルイーズやビクトリア山と大氷原、100年以上の歴史がある4つ星ホテルのシャトー・レイク・ルイーズを見ながらのスキーが楽しめます。

出典:https://www.instagram.com/skilouise/

レイク・ルイーズの湖畔も楽しめる

スキー場から、レイク・ルイーズの湖畔までは車で5分ほどで行けます。

lake-louise

湖面が氷で覆われる冬にはカナディアンロッキーの宝石とも呼ばれるレイク・ルイーズの上を歩くという貴重な経験も出来るので、スキー後の観光にも良いでしょう。

☟夏のレイク・ルイーズに関する記事はコチラ

宝石と呼ばれる湖!絶景のレイク・ルイーズは上から見ても美しすぎる
広大な自然が残るカナダの中でも大人気の観光地として知られるレイク・ルイーズ。 エメラルド色に輝く"宝石"と呼ばれる湖は、昔から多くの人を魅了していま...

広大な面積のスキーリゾート

カナダで2番目

フロントサイド、ラーチ、バックボールという3つのエリアに分かれているレイク・ルイーズは、同じくカナダにあるスキーリゾートのウィスラー・ブラッコムについで国内2番目の大きさです。

ゲレンデの総面積が約17㎢、最高地点が2637mで標高差が991mのエリアの中には113のコースがあり、なんと単体のスキー場としては北米1の面積を持つそうです。

整備されたコースだけでなく、雪崩リスクなどが管理された広大な不整地のコースを誰もが気軽に滑れるのも海外スキー場の魅力ですね。

出典:https://www.instagram.com/skilouise/

スキー場のアプリ

スキー場内にはフリーのWiFiエリアがいくつかあり、レストハウスはもちろん、主なリフト乗り場付近にもあります。

専用のアプリをダウンロードすれば、その日に滑った本数や移動距離、最高速度なども確認できるのでとても面白いです。

Lake Louise app

実際に筆者が行った時は、1日で30km以上の距離を滑ることが出来ました。

他のスキー場で距離を測ったことは無いので参考にならないかもしれませんが、おそらく1日で全てを滑るのは不可能な大きさです。

ファミリー向けのコースからスピードが出る急斜面もあるので、上級者でも満足できると思います。

そしてなにより世界遺産の美しい景色の中を滑るという素晴らしい体験に感動できるかもしれませんね(^^)

☟絶景が楽しめる海外のスキー場に関する記事はコチラ

広大な雲海が美しい!レベルストークが神々しいほど迫力の絶景だらけ
スポーツやレジャーとしての面白さだけでなく、美しい景色を楽しむのもウインタースポーツの醍醐味ですよね。 世界有数のスキーリゾートとして知られるウイス...
魅力がいっぱい!日本とは違う海外のスキー場!NZトレブル・コーン
ニュージーランド南島にあるトレブル・コーン・スキーエリア。 地元民や上級者を中心に人気のあるスキー場ですが、ゲレンデだけでなく素晴らしい景色も堪能で...

スポンサーリンク

まとめ

森林地帯にまで雪が降る日本の山もとても綺麗ですが、海外の岩肌が見えるような山岳地帯の景色にも壮大な美しさがあります。

普段とは違う見知らぬ土地にある圧倒的な大自然は、きっと人生を豊かにしてくれるでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

レイクルイーズは最も美しいスキー場?世界遺産の絶景を滑ってみた!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ