カナダ

カナダロッキーのペイトー湖が神秘的?色が変わる絶景の湖が美しい!

世界遺産に登録されているカナディアンロッキーには、レイク・ルイーズを筆頭に数多くの美しい湖があります。

日本では見ることがないような青色の湖には、ただただ感動するばかりです。

今回は、そんなロッキー山脈の美しい湖の中でも季節や時間帯によって湖面の色が変化する神秘の湖ペイトー湖について調べたことや実際に行ってみた感想についてご紹介していきます。

カナディアンロッキーのペイトー湖

ペイトー湖の場所は?

ペイトー湖は、カナディアンロッキーの観光拠点になるバンフの町から車でおよそ1時間10分。

メイン観光ルートのアイスフィールドパークウェイから、ペイトー湖に続く横道を少し走ると駐車場があります。

山々に囲まれたペイトー湖を見下ろす展望台までは、一般車両の駐車場から歩いて10分ほどで観光バスの駐車場からなら5分ほどで到着します。

ペイトー湖は色が変わる湖

ペイトー湖は水面の標高が1880mという高い位置にある氷河が水源の氷河湖です。

氷河によって削られた岩粉が水に混ざることによって、絵の具のようにはっきりした美しい色になるそうです。

カナディアンロッキーの中でも美しいと言われるペイトー湖は、季節や時間帯によって色が変化するので、高台から見下ろす眺めはロッキー山脈の壮大なスケールを感じられると思います。

☟他にもカナディアン・ロッキーに関する記事はコチラ

絶景のレイクルイーズはトレッキングも美しい!宝石と呼ばれる湖とは?広大な自然を有するカナダの中でも大人気の観光地として知られるレイク・ルイーズ。 エメラルド色に輝く湖は“宝石”と呼ばれ、昔から多く...

ペイトー湖の四季

色の表現について

筆者が実際にペイトー湖を見たのは8月下旬ですが、次の日には雪も降っていたので、ロッキー山脈にとっては秋の始まりくらいの時期ですね。

実際に全ての季節を見たわけではないので、色に関しては四季折々の変化について調べたイメージ画像と表現になります。

色の表現は人によって様々だと思いますので、あらかじめご了承ください。

ペイトー湖の春(コバルトブルー)

季節ごとに美しいペイトー湖ですが、特に春は岩粉の量が少なく乱反射が起きにくいので、1年で最も深い青色になるそうです。

期間も短いそうなのでこの色のペイトー湖は貴重かもしれませんね。

☟他にもコバルトブルーの湖に関する記事はコチラ

ニュージーランドのプカキ湖で刺身を購入!絶景で食べたキングの味は?ニュージーランド南島にあるプカキ湖は、色鮮やかなコバルトブルーの湖。 道路沿いに面しているので、観光客の休憩スポットでありながら息...

ペイトー湖の夏(青色)

標高の高いロッキー山脈の夏はとても短いですが、この時期のペイトー湖は深い青が抜けて落ち着いた青色になるようです。

晴れていれば湖面に周りの山が映り込む、短い夏の景色が見れそうですね。

ペイトー湖の秋(エメラルドグリーン)

筆者が実際に見たのがこの色です。嘘みたいに綺麗な色はまるで入浴剤のような色ですよね。

あたりまえですが完璧な天然の色なので、自然の美しさには言葉を失います。

☟他にもエメラルドグリーンに関する記事はコチラ

ヨーホー国立公園の行き方や見所は?エメラルドグリーンの湖が絶景!カナダにあるロッキー山脈は世界遺産に登録されるほど自然豊かな地域です。 特に人気なのはバンフ国立公園で、毎年世界中から多くの人が訪...

ペイトー湖の冬(白銀)

湖の色は見えませんが、氷に覆われた白銀のペイトー湖にもひと味違った良さがありそうですね。

冬季間(通常10月中旬〜5月末)はペイトー湖までの道路が通行止めになっているそうですが、ツアーもあるようなので絶景の中を散歩するのも素晴らしい経験になるかもしれません。

まとめ

あくまでも自然相手なので、この記事で紹介した色と実際に行って見た色は違うかもしれませんが、見る人やタイミングによって変化があるのは面白いと思います。

壮大なカナディアンロッキーは記憶に残る素晴らしい景色ばかりですが、ペイトー湖の絶景もその一つでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!