久保埜南(くぼのみなみ)のトライアスロン経歴や父親と五輪でメダルは?

みなさんは3つの種目で構成されているトライアスロンという競技をご存知でしょうか?

1つの同じレースで「泳ぐ・自転車・走る」を順番に連続でおこなうスポーツです。

休む間も無く、ジャンルの違うレースが続く過酷な耐久競技なんですよね。

そんなトライアスロンの注目選手、久保埜南さんの経歴父親五輪でメダル獲得の可能性についても調べてみました。

スポンサーリンク

久保埜南(くぼのみなみ)のプロフィール

生年月日:1997年8月19日

出身地:北海道千歳市

所属:チームケンズ山梨

久保埜南のトライアスロン経歴

久保埜南さんは、2人の兄の練習に参加したことがきっかけでトライアスロンを始めたようです。

小学校3年生の時から本格的に競技を始めると、中学生の時にはジュニア日本選手権で優勝

高校は、地元の北海道を離れて山梨県の山梨学院付属高校に進学し、トレーニングに励んでいたそうです。

現在は、国内の主要な大会でも常に上位に入るトップ選手として活躍しています。

やはりスポーツを始めるのは家族の影響が大きいですよね。北海道の大自然の中で兄妹が切磋琢磨してきたのが目に浮かびます。

久保埜南の父親は?

久保埜南さんのお父さんは、子供たちと同じようにトライアスロンの選手をしていたようですね。

現在もトライアスロンに関わっていて、トライアスロンショップを経営しているそうです。

子供が始めるスポーツでトライアスロンは珍しいと思いましたが、お父さんが元選手なら納得ですよね。

トライアスロンは総合的なレース

そもそもトライアスロンってどんな競技なのか、いまいちわからない方も多いと思います。

簡単に説明すると、「スイム(泳ぐ)・バイク(自転車)・ラン(マラソン)」という3つの種目を、1人の人間が一度のレースでおこない、タイムを競います。

選手たちは使う筋肉がそれぞれ違うので、バランスのとれた身体作りが重要だとか。

過去には、歌手の近藤真彦さんが日本代表として世界大会に出場したことでも話題になった競技ですよね。

トライアスロンの距離がすごい

オリンピックのトライアスロンは、競技時間やコース設定などの理由で「ショート・ディスタンス」(短距離)のレースがおこなわれます。

この距離は「オリンピック・ディスタンス」とも呼ばれ、スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmの合計51.5km。

なんとこれでもトライアスロンの中では短距離のようです。

ちなみに「ロング・ディスタンス」(長距離)は、スイム4km、バイク120km、ラン30kmの合計154kmですが、もはや小旅行の距離ですよね。

さらに、鉄人レースと呼ばれ世界で最も過酷なレースの1つとも言われる「アイアンマン・ディスタンス」は、スイム3.8km、バイク180km、ラン42.195kmの合計226km。

筆者の知人が参加して鉄人になった時は、「楽しかったよ!」と言っていました…楽しい感覚は人それぞれですね。

久保埜南が五輪でメダルの可能性は?

久保埜南さんは、小さい頃に自分からやりたいと言ってトライアスロンを始めたそうです。

楽しいけど辛いトレーニングに後悔することもあったようですが、辞めず続けてきました。

そんな久保埜さんの目標は、オリンピックで日本人初のメダル獲得だとか。

メダル獲得はとても大変な挑戦だと思いますが、まずは東京オリンピックに出場して可能性に期待ですね。

スポンサーリンク

まとめ

結果に伸び悩む時期もあったという久保埜南さんですが、常に努力はしてきたようです。

東京オリンピックでのメダル獲得という大きな目標に向けて頑張って欲しいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

久保埜南(くぼのみなみ)のトライアスロン経歴や父親と五輪でメダルは?
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ