南米ペルーの『天空の塩田』は標高3200mの絶景で世界一高い天然塩⁈

南米ペルーには、訪れた観光客を魅了する塩の段々畑があるそうです。

標高3000mを越える高山地帯にある塩田の美しさは、同じくペルーの世界遺産マチュ・ピチュに匹敵するとも言われるとか。

今回は、『天空の塩田』と呼ばれる絶景と、そこで作られる天然塩についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

天空の塩田

南米ペルーのクスコから北西におよそ50km、アンデス山脈の山あいにあるマラスには『天空の塩田』と呼ばれる場所があります。

標高3200mにもなる山の斜面に約4000ほどの棚田があり、この「マラスの塩田」では、世界一高い場所の天日塩が作られています。

乾季には水が減り、真っ白になるというフォトジェニックな風景を求めて、年間10万人もの観光客が訪れるそうです。

クスコはマチュ・ピチュに行く拠点になる街なので、「空中都市」と「天空の塩田」の2大スポットを楽しむことができるようです。

出典:https://www.instagram.com/howfarfromhome/

なぜ高山に塩が?

マラスのある地帯は、およそ6000年前までは海でしたが、地殻変動による隆起でアンデス山脈が誕生。

海だった場所が3000mの山脈になる自然の力には圧巻ですね。

山に残された海水は、長い時間をかけて巨大な岩塩になりました。

岩塩は、ゆっくりと地下水に溶かされて塩水になり、地上に湧き出てくるそうです。

海水の7倍の塩分と言われる塩水を段々畑の棚田に流し、インカ時代から変わらない天日乾燥で自然塩を採取。

マラスの塩田があったからこそ、インカ文明は栄えたとも言われているようです。

☟他にもペルーの絶景についての記事はコチラ

『レインボーマウンテン』南米ペルーにある標高5200mの絶景が美しい 
近年になって、絶景の宝庫として注目を浴びている南米ペルーには、色とりどりの地層が重なる美しい山があります。 アンデス山脈に囲まれた標高5000m超え...
南米ペルーのワラスが絶景!6000mの山々とトレッキングが魅力の町 
南米のペルーは絶景の宝庫とも言われるほど、美しい景色が数多くあるそうです。 「空中都市」マチュピチュが圧倒的に人気の観光地ですが、もちろん魅力はそれ...

日本でも手に入る

「インカの白金」と呼ばれ、皇帝にも献上されたというマラスの天日塩は、ペルーの代表的なお土産のようです。

トラックが入れない塩田なので、人力で50kgほどの塩が入った袋を運ぶそうですが、多い時には1日40往復することもあるとか。

3000m以上の高所で合計2tの塩を人力で運ぶ労力は計り知れませんが、天然製法ならではの苦労ですよね。

そんな、マラス塩田の天日塩は日本でも手に入ります。

ミネラルを豊富に含み、ほのかな甘みとまろやかさで人気があるらしく、バスソルトとしても利用できるそうなので、プレゼントなどに嬉しいかもしれませんね(^^)

スポンサーリンク

まとめ

マラスの塩田は、600年以上の歴史があるそうです。

先人たちの知恵や文化を残す美しい絶景は、これからも続いていくことでしょう^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

南米ペルーの『天空の塩田』は標高3200mの絶景で世界一高い天然塩⁈
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ