先住民が信仰する自然の橋‼︎米国ユタ州のレインボーブリッジが神秘的

レインボーブリッジと聞くと、「東京湾に架けられた美しく光り輝く橋」や「アメリカとカナダの国境をまたぐ橋」を連想すると思います。

今回は、広大な自然を有するアメリカでレインボーブリッジと呼ばれ、先住民族の信仰対象にもなっている自然が造りあげた岩の橋についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

レインボーブリッジ

自然が造った巨大な橋

rainbow bridge

アメリカのユタ州に位置するレインボーブリッジ国定公園には、世界最大と言われる自然の橋『レインボーブリッジ』があります。

画像の下部に写る人たちと比べると、その大きさが良くわかりますね。

大きさ

高さ71m(以前は84mとされていた)、厚さ13m、幅10mの巨大な橋ですが、自然にできたとは思えないくらいの美しさで、多くの観光客を魅了しているようです。

信仰の対象

古くからこの地に暮らしているアメリカ先住民の信仰対象になっているので、下をくぐってはいけないそうです。

辺境の地にこんな巨大なアーチがあれば、誰でも神秘的な感情をいだきそうですよね。

レインボーブリッジの行き方

全米第2位のパウエル湖

rainbow bridge 3

レインボーブリッジ国定公園は、ユタ州とアリゾナ州をまたぐアメリカで2番目に大きな人工湖、パウエル湖にあります。

元々はゲレンキャニオンという渓谷でしたが、ダムが建設された事によって全長およそ300kmのパウエル湖ができました。

なんと満水時の水量は琵琶湖と同じくらいあったそうです。

船でのアクセスだけ

rainbow bridge 2

世界中にあるブリッジの中でも比較的簡単に近づけるというレインボーブリッジは、基本的なアクセス方法はボートツアーだけです。

パウエル湖の南側から7日間のトレイルを歩くルートもあるようですが、これには先住民ナバホ族の許可が必要だとか。

アリゾナ州ページの町付近にあるマリーナから、約2時間半ボートに乗り州境を超え、パウエル湖のユタ州側にわたります。

船着場から2km弱の整備されたトレイルを歩くと到着するので、秘境感も味わえるようです。

レインボーブリッジを見るだけで、ほぼ丸1日の時間が必要ですが、自然が育んだ造形美を見る価値は十分にあると思います。

☟レインボーブリッジ近郊の絶景に関する記事はコチラ

琵琶湖と同じ水量⁈米国第2位の人工湖『パウエル湖』が壮大で美しい
グランドキャニオンなど多くの絶景ポイントや国立公園があり、アメリカの人気観光エリアとして知られるグランドサークルの中心に位置するパウエル湖は、アメリカで第...
アメリカ政府から独立‼︎先住民族の聖地『モニュメントバレー』が絶景
アメリカ西部には、どこまでも続くと錯覚してしまいそうなほど広大な赤茶色の台地に、いくつもの岩山が立ち並ぶ壮大な景色があります。 アメリカ政府から独立...

スポンサーリンク

まとめ

人間の英知がつまった人工のレインボーブリッジは素晴らしいですが、悠久の時が造った自然のレインボーブリッジにも感動すること間違いなさそうですね(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

先住民が信仰する自然の橋‼︎米国ユタ州のレインボーブリッジが神秘的
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ