北米

レベルストークスキー場の雲海と絶景がすごい!見所や行き方もご紹介

スポーツやレジャーとしての面白さだけでなく、美しい景色を楽しむのもウインタースポーツの醍醐味ですよね。

世界有数のスキーリゾートとして知られるウイスラーやロッキー山脈など、自然が多く残るカナダには息をのむほどの絶景が存在しています。

そんなカナダにある田舎町、レベルストークのスキー場から見る壮大な雲海や迫力のある景色は神々しさも感じるほどでした。

レベルストークスキー場

レベルストーク・マウンテン・リゾートは、2007年12月に営業が始まったばかりの比較的新しいスキー場です。

20年以上かけてスキーリゾート地にしていく予定だったそうですが、2008年のリーマンショックの影響で計画が大幅に遅れたそうです。

リフトの頂上(2225m)からスキーセンターがあるベース(512m)までの1713mは、北米のスキーリゾートで1番の標高差

カナダ国内の中でも豪雪地帯として知られ、年間の降雪量はおよそ10mにもなります。

森林限界の山岳地帯から麓の森の中までバラエティー豊かなコースは、全体の90%以上が中・上級者向けで、ヘリスキーやキャットツアーもあります。

そしてなにより、スキーやスノーボードの最中には息をのむような広大で美しい景色に出会う事ができるのも魅力です。

レベルストークの場所

レベルストークは、日本のおよそ26倍という巨大な面積を持つカナダのブリティッシュ・コロンビア州にあります。

カナダ西部の玄関口であるバンクーバー国際空港からは、東におよそ580km、大きな峠を越えて車やバスで約7時間

ロッキー山脈観光に便利なカルガリー国際空港からなら、西におよそ410km、冬道の難所として知られる険しいロジャースパスを越えて車やバス約5時間

国内線で近くのケローナ空港を利用すれば車やバスで約2時間半で行けますが、ウィスラーやレイクルイーズなどに比べるとアクセスしづらい場所ではあると思います。

レベルストークの雲海がすごい

真冬のレベルストークでは午前中に雲海になる日が多く、頂上リフトからはどこまでも広がるよう雲海を見る登る事ができます。

滑り始めるとまるで雲の上を滑っているような感覚になるかもしれませんね。

もし頂上まで行かなくても、2つめのゴンドラ降り場には軽食が食べれるテラスもあるので、景色だけ見に来る観光客もいます。

標高差のあるレベルストークではパラグライダーを楽しむ人の姿も。

実際に目の前で広大な雲の上を飛んでいる姿は、そこで起きている現実とは思えない光景です。

レベルストークの晴天が爽快

晴れていれば、スキー場からは眼下にレベルストークの町がはっきり見えます。

山々に囲まれた人口約7000人のとても静かで小さな町には、フレンドリーな人たちばかりが暮らしています。

コース内は思わず立ち止まってしまうような絶景ばかり。奥行きのある景色は爽快ですよね。

もしゲートが開いていれば、頂上リフトからスキー場エリア内のサブピーク(2340m)まで、およそ20分で登る事ができます。

画像左にあるMt.マッケンジー(2456m)は、とても美しく迫力がありました。

レベルストークはバックカントリーも素晴らしい

バックカントリーの経験がある方には、Mt.マッケンジーのピークまで行くのもおすすめです。

サブピークからおよそ1時間で登る事ができます。

ちなみに画像の中央(サブピーク)より右側の斜面もスキー場内のコースです。本当にスケールが大きいですよね!

スキー場の裏側には2000〜3000m級の山々が並び、どこまでも無限に広がっていると錯覚するほどの神々しい景色を望めます。

☟他にも海外のスキー場についての記事はコチラ

トレブルコーン(NZ)が楽しい!絶景や動物も近い海外のスキー場とは?ニュージーランド南島にあるトレブルコーン・スキーエリア。 地元民や上級者を中心に、国内外を問わずに多くの人が訪れる人気のスキー場で...

レベルストークの動画

2017/2018シーズンのオープン日の動画です。壮大な自然の中でみんな嬉しそうですね。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=sLTFBsYP2V0&t=2s

まとめ

日本の自然には繊細な美しさがあると思いますが、カナダのように大きな自然には圧倒されるばかりです。

自然を相手にすると人間の小さを感じますが、同時にそこにいられる強さも感じられますよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!