台北近郊の絶景はここ!野柳地質公園の奇岩と老海石槽の海岸が美しい

日本から比較的近くにあり、日本人の海外旅行先として人気の高い台湾。

特に台北はグルメやショッピングが楽しめることで人気があります。

リピーターも多いため、近年は都市部以外の大自然にも注目があつまっているようですね。

今回は、台北近郊にある不思議な岩が並ぶ『野柳地質公園』と、インスタ映えな人気観光地『老海石槽』についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

野柳地質公園の奇岩

台湾の風景特定区にもなっている野柳地質公園には、数々の不思議な形をした岩が立ち並んでいます。

この奇岩は、地殻変動と浸食によって1000万年以上という長い時間をかけてつくられたそうです。

自然が生み出したアート作品のような光景は、まるで人の背丈よりも大きなキノコが生えているようにも見えますよね。

野柳地質公園は入場制限があるほど人気

ちなみに野柳は「イエリュウ」と読みますが、本場の発音が難しそうですね。

台北からアクセスしやすいこともあってか、人気観光地になっています。

毎年、3月1日〜5月31日・10月1日〜11月30日の9:30〜11:00・13:30〜15:00の間は人数制限もあるようです。

奇岩の中で最も有名なのが“クイーンズヘッド”と呼ばれる岩で、名前の通り「女王の頭」に見えます。

このクイーンズヘッドは年々侵食が進み、近い将来は首部分から上が取れてしまうらしく、今だけという限定感も人気の1つでしょうね。

出典:https://www.instagram.com/hy540423/

野柳地質公園の行き方

野柳地質公園へは、台北駅から「国光客運」という会社のバスで金山方面行きに乗ります。

その後は乗り換えもないので、約1時間20分後に到着する野柳で下車します。

帰りは「台湾で最も夕日が綺麗」と言われるデートスポットの、淡水経由で台北に戻るのも良いかもしれませんね。

野柳地質公園から淡水まではバスで約1時間半、淡水から台北はMTR(電車)で40分ほどです。

老海石槽はインスタ映えな光景

続いては台湾の北海岸にある老海石槽ですが、春だけに見られるフォトジェニックな光景があります。

波しぶきがたつ独特な形の岩に藻が繁殖し、海岸には珍しい草原のような緑が出現。

台湾ではここでしか見ることができないらしく、結婚写真にも使われるほど人気の場所なんだとか。

新緑のような水々しい緑のグラデーションがとてもきれいですよね。

出典:https://www.instagram.com/bpintaiwan/

老海石槽は噴火の影響でできた

老海石槽ができたきっかけは、台湾の温泉観光で有名な陽明山の一角にある火山が噴火した影響だとか。

海岸に蓄積した火山岩が長年による波の侵食によって、現在のように不思議な形の岩が形成されたそうです。

丸みをおびた柔らかそうな岩が海辺にある景色は、日本ではあまり見あたらないかもしれませんね。

基本的には3月中旬〜5月末頃までの期間が見頃で、4月がベストシーズンのようです。

夏には干からびて藻が消えてしまう春だけの限定的な景観ですが、暖冬の年には見頃が1〜2ヶ月早まる時もあるらしいので注意が必要ですね。

老海石槽の行き方

まずは台北から淡水へMRT(地下鉄)で約40分、その後はバスに乗り換え、老海石槽までは約50分で到着します。

単純計算で合計1時間半ですが、バスの待ち時間などを含めて2時間くらいにはなりそうですね。

野柳地質公園と同じく、帰りは異国情緒あふれる港町の淡水で食事を楽しむのも旅の醍醐味かもしれませんね。

出典:https://www.instagram.com/tmk___87/

スポンサーリンク

まとめ

次に台湾を訪れる時には、都市部以外の自然を堪能してみてはいかがでしょうか。

きっと今までには無かった新しい台湾の魅力を発見する旅になると思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

台北近郊の絶景はここ!野柳地質公園の奇岩と老海石槽の海岸が美しい
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ