ウォーター

篠宮龍三(フリーダイバー)の経歴や年収と日本記録は?引退理由も調査!

数分間も息を止めて海の中を潜り続けるというフリーダイビング

海は深く潜れば潜るほど、神秘的で美しい光景が待っているそうです。

想像しただけでも息苦しくなりますが、そんなシンプルな世界に魅了された人たちがいるようですね。

今回は、日本の第一人者として知られる篠宮龍三さんの経歴年収日本記録引退理由についても調べてみました。

篠宮龍三のプロフィール

名前読み:しのみや りゅうぞう

生まれ:1976年

出身地:埼玉県

職業:フリーダイバー

出典:https://www.instagram.com/okinawa_freediving_school/

篠宮龍三のフリーダイビング経歴

篠宮龍三さんがフリーダイビングを始めたのは、大学時代に先輩のすすめで見た『グラン・ブルー』という映画がきっかけでした。

酸素タンクを使わずに100m以上も海の中に潜るスポーツに衝撃を受けたそうです。

2004年に、大学卒業後から5年間勤めていた会社を辞めてプロに転向。

2008年には、アジア人初の水深100mの記録を達成しました。

ちなみにプロの水中カメラマンがタンクを使ったとしても、50m潜るのも大変なようです。

篠宮龍三は日本記録を樹立

篠宮龍三のさんは、ロープに沿って一直線に潜った距離を競う、コンスタント・ウエイト・ウィズフィンという競技をしていました。

2010年には、115mという日本記録、およびアジア記録を樹立

とても深い距離を潜ることができる篠宮さんですが、仮に静止状態なら水の中で8分以上も息を止めていられるそうです。

脳に余分な酸素を使わないために、なるべく無心になるようですが、それだけでも超人技ですよね。

篠宮龍三の記録のすごさを比較

篠宮龍三さんが記録を達成した当時、水圧が地上の11倍という水深115mの過酷な環境に到達したダイバーは世界に8人だけ

同じく過酷な環境の例にあげられるエベレスト登頂に成功したのは、およそ4000人、月に立ったとされる人類が12人です。

ちなみに世界記録は128mですが、エベレストの登頂でさえ簡単に感じてしまいますよね。

篠宮龍三の引退理由

篠宮龍三さんは、2016年に18年間の選手としての現役を引退しました。

ご自身の中では、記録を更新し続けて世界で活躍することをプロとしていたそうです。

年を重ねるごとにパフォーマンスと結果が低下していくことを感じ、記録や結果も見込めないとの思いから引退を決意したようですね。

アスリートにとって引退はつきものですが、篠宮さんが日本のフリーダイビングに残した功績は大きいですよね。

篠宮龍三の年収は?

選手を引退した篠宮龍三さんですが、収入はどうなっているのでしょうか?

一般的なダイバーの年収は200〜400万円くらいが普通のようです。

篠宮さんのはっきりした年収はわかりませんが、スポンサーや著書の出版にメディア出演もしているので、現役の時には500万円以上はあったと思います。

そして以前から沖縄でスクールを開講しているので、今でも安定した収入は確保できているでしょうね。

人気テレビ番組の『クレイジージャーニー』にも出演した日本を代表する有名ダイバーなので、篠宮さんのスクールは人気がありそうですね。

まとめ

篠宮龍三さんは、水深100mを超えた世界を「地球上の蒼を全部集めて凝縮したような蒼」と表現していました。

きっと美しくて神秘的な世界だと思いますが、これからは講師として多くの人たちをその世界に送り出してくれるかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!