畠山紗英(BMX)の経歴や高校に父親は?英語力とスポンサーがすごい!

オリンピックにも採用されている人気自転車競技のBMXレース。

時には激しい転倒もあるこの競技で、小学生の頃から世界的な活躍をする女子選手がいます。

BMXレース界では日本女子初の“あのアスリート”にも選ばれたトップライダー。

今回は畠山紗英さんの経歴出身高校父親、すごいという英語力スポンサーについても調べてみました。

スポンサーリンク

畠山紗英のプロフィール

名前:畠山紗英(はたけやまさえ)

生年月日:1999年6月7日

出身地:神奈川県寒川町

競技:BMX

スポンサー:Red Bull、オークリー、他

Sae Hatakeyamaさん(@saehatakeyama)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/saehatakeyama/

畠山紗英のBMX経歴

畠山紗英さんは2歳半の時にはすでに補助輪なしで自転車に乗っていたそうです。

3歳からBMXを始めて4歳からはレースにも参加するようになりましたが、おどろくほど早い自転車デビューですよね。

小学生になると国内のレースで数々の優勝。

BMX世界選手権では年齢別ガールズクラスで3度の優勝

2016年と2017年のBMXアジア選手権ではジュニア女子で2連覇を達成。

男子選手並みの大きなジャンプを武器に常に世界トップライダーとして活躍してきました。

過去の成績を見ると同世代では敵なしの強さなんですね。

現在は2020年の東京オリンピックで金メダルを目標にトレーニングの日々を過ごしているようです。

畠山紗英の父親は?

畠山紗英さんがBMXを始めたのは父親と2人のお兄さんがきっかけでした。

父親の畠山裕行さんは元々マウンテンバイクのダウンヒルレースをしようと考えていたようですが、費用と管理面に悩んでいた時にBMXのレースに楽しそうに参加する家族を見て「これだ!」と思ったそうです。

3人兄弟の末っ子だった畠山さんは、自然とお兄さんたちのようにBMXを始めました。

今の畠山さんの活躍には家族で何かをしたいと思っていたお父さんの影響があったんですね。

畠山紗英のスポンサー

畠山紗英さんは、14歳の時に日本BMX界では女性初の“レッドブルアスリート”になりました。

数あるアクションスポーツの中でも、レッドブルがスポンサーになるアスリートは世界的な活躍をするトップ選手だけです。

オリンピックやXゲームのメダリストもいるので、大手企業からも畠山さんが注目されていることがわかりますね。

Sae Hatakeyamaさん(@saehatakeyama)がシェアした投稿

出典:https://www.instagram.com/saehatakeyama/

畠山紗英の出身高校は?

畠山紗英さんは横浜市鶴見区にある白鵬女子高等学校を卒業しています。

在学中には学校のホームページで畠山さんの活躍も紹介されていました。

私立高校なので、世界大会が多い畠山さんにとってはBMXがしやすい環境だったようですね。

インスタグラムには卒業式の画像もありましたが、BMXから離れると普段は畠山さんも普通の女の子なんですよね。

畠山紗英の英語力がすごい

高校在学中の畠山紗英さんは「国際コース」に在籍していたらしく、このコースでは多国籍な留学生と一緒に授業を受けるため日常的に英語が使われていたようですね。

畠山さんのインスタグラムには英語での投稿もたくさんあるので、BMXで国際的に活躍する時のために選んだコースかもしれません。

先を見据えて、トレーニングだけでなく勉強にも取り組む姿勢は本当にすごいですね。

☟他にも活躍が期待されるBMX選手はコチラ

中村輪夢(BMX)の経歴や父親と高校は?名前の由来と彼女の噂も調査!
2020年の東京オリンピックでBMXフリースタイル・パークが新種目に決まりました。 同じく新種目に採用されるスケートボードやクライミングなど、どんど...

スポンサーリンク

まとめ

これまでのオリンピックではメダル獲得がなかったBMXレース。

日本ではマイナー競技かもしれませんが、東京オリンピックで畠山紗英さんの活躍が楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

畠山紗英(BMX)の経歴や高校に父親は?英語力とスポンサーがすごい!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ