セパレートスノーボードの価格やトリックは?話題の新スポーツに注目!

みなさんは「セパレートスノーボード」をご存知でしょうか?

スノーボードやスキーをしている方でも、まだ見たことがある人は少ないと思います。

名前のとおりにセパレート(分けられた)したスノーボードのことですが、少しずつ注目をあつめているようですね。

今回は、ゲレンデで話題の新しいウインタースポーツの価格トリック今後の可能性について調べてみました。

スポンサーリンク

セパレートスノーボードとは?

セパレートスノーボードは、2011年にアメリカのスノーボーダーによって考案されたそうです。

普通のスノーボードでは、1枚の板に両足を固定しますよね。

これに対してセパレートスノーボードは、普通のスノーボードを極端に短くした2枚の板に片方ずつ足を装着

イメージ的にスキーを想像するかもしれませんが、基本的には横向きに滑るスポーツです。

出典:https://www.instagram.com/separatesnowboard/

セパレートスノーボードは日本メーカーもある

セパレートスノーボードは2012年から日本でも発売が開始されました。

アメリカ発祥のスポーツですが、「NICO(ニコ)」という日本初のセパレートスノーボードメーカーもあります。

サイズも小さく持ち運びが楽で、大きめのリュックにも入れることができるとか。

少し変わったスノーボードをしてみたい人には、手が出しやすそうですね。

セパレートスノーボードの価格は?

セパレートスノーボードの価格は、板(2枚組)だけでおよそ1万5千円〜3万5千円くらい。

価格はメーカーやモデルのスペックによって変わるので、スキーやスノーボートと同じですね。

ビンディングは通常の4つ穴(4×4)対応で、スノーボード用がそのまま使用可能。

ビンディングの価格はおよそ1万円〜数万円まで様々です。

ちなみにNICOはアジア人の体型に合わせて作られているため、日本での人気がとても高いメーカーのようですね。

セパレートスノーボードはゲレンデで目立つ

新しいスポーツのセパレートスノーボードですが、一時はメーカーに在庫が無くなったことがあるというほど注目をあつめているとか。

スキーやスノーボードに比べて乗っている人が少ないので、とにかくゲレンデで目立つようです。

軽くてあまり装着感も感じないらしく、女性や子供でも気軽に始められそうですよね。

スノーボード経験者ならすぐに滑れそうだし、レンタルしているスキー場もあるので、機会があれば挑戦してみるのも良いかもしれません。

セパレートスノーボードのトリックは?

セパレートスノーボードは横向きに滑るスポーツですが、スキーのように歩くこともできます。

板を外さずにリフトに乗車できるので、ちょっとした移動が楽そうですね。

もちろん滑るだけでなく、ジャンプ台を使ったエアーやレールなどもできます。

毎年新しいトリックが生まれているので、今なら自分で考えた世界初のオリジナルトリックを作ることができるかもしれません。

両足が別々に動くので、ダンスのような動きをしても面白いでしょうね。

セパレートスノーボードのプロモーション動画がすごい

NICOからセパレートスノーボードのプロモーションビデオが出ていました。

動画からは色々なことを試そうとする自由で楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=mpaioVPH12M

スポンサーリンク

まとめ

セパレートスノーボードは、友達と楽しく笑いながら遊べるスポーツだと思います。

午前中はスノーボード、午後からはセパレートスノーボード、というスノーボーダーが増えてくるかもしれません。

可能性が無限にある新しいスポーツなので、これから大注目ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

セパレートスノーボードの価格やトリックは?話題の新スポーツに注目!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ