セパレートスノーボードって何?ゲレンデで話題の新スポーツに注目!

みなさんは「セパレートスノーボード」をご存知でしょうか?

スノーボードやスキーが好きでも、まだ聞いたことがある人は少ないと思います。

名前のとおりに、セパレート(分けられた)したスノーボードですが、少しずつ注目をあびているようです。

今回は、ゲレンデで話題の新しいウインタースポーツについて調べてみました。

スポンサーリンク

セパレートスノーボードについて

セパレートスノーボードは、2011年にアメリカのスノーボーダーによって考案されたそうです。

普通のスノーボードは、1枚の板に両足を固定します。

これに対してセパレートスノーボードは、普通のスノーボードを極端に短くしたような2枚の板に片方ずつ足を装着

イメージ的にスキーを想像するかもしれませんが、基本的に横向きで滑るスポーツです。

出典:https://www.instagram.com/separatesnowboard/

日本のメーカーがある

日本では2012年から発売され、「NICO(ニコ)」という日本初のセパレートスノーボードメーカーでは、アジア人の体型に合わせて作られているようです。

価格は、板だけでおよそ1万5千円〜3万5千円で、ビンディングは通常の4つ穴(4×4)対応。

サイズも小さく持ち運びが楽で、大きめのリュックに入れることもできるとか。

少し変わったスノーボードをしてみたい人には、手が出やすいかもしれませんね。

何ができるの?

セパレートスノーボードは横向きに滑りますが、スキーのように歩くこともできます。

歩けるので板を外さずに、そのままリフトに乗車が可能。

もちろん滑るだけでなく、エアーやレールなどもできるようです。

毎年新しいトリックが生まれているので、オリジナルトリックを作ることもできるかもしれません。

両足が別々に動くので、ダンスのような動きもできそうですね。

「NICO」からプロモーションビデオも出ていました。

動画からは、すごく自由でとても楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=mpaioVPH12M

ゲレンデで目立つ

新しいスポーツのセパレートスノーボードですが、メーカーに在庫が無くなったことがあるほど注目をあびています。

まだ人口が少ないので、ゲレンデではとにかく目立つとか。

軽くてあまり装着感も感じないらしく、女性や子供でも気軽に始められそうですね。

レンタルができるスキー場もあるので、機会があれば挑戦してみるのも良いかもしれません。

スノーボード経験者ならすぐに滑れそうだし、何より面白そうですよね。

スポンサーリンク

まとめ

セパレートスノーボードは、友達と楽しく笑いながら遊べそうですよね。

午前中はスノーボード、午後からはセパレートスノーボード、なんていうスノーボーダーが増えるかもしれません。

可能性が無限にある新しいスポーツなので、これからも大注目ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

セパレートスノーボードって何?ゲレンデで話題の新スポーツに注目!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ