五輪金メダリストの目線を体感!高速スキーレース時速100kmの世界とは?

冬季オリンピックで人気種目のアルペンスキー。スピード感だけでなく相手と速さを競うところは、見てるだけでも面白い競技ですよね。

テレビなどで滑っている姿を見ることもあると思いますが、選手としてコースを滑ることはほとんどの方が経験できないでしょう。

近年は小型カメラの進化によって、臨場感ある映像を一流選手の視点で体感できるようになっています。

今回は最高時速100kmにもなるというスキーレースの世界について調べてみました。

スポンサーリンク

アルペンスキーの大回転について

大回転はスキーやスノーボード競技のアルペン種目で、ジャイアントスラロームやGSとも呼ばれています。

平均斜度が15〜20度の中・急斜面を、25〜30mの間隔で設置された旗門を通過しながら2本の合計タイムを争う競技です。

アルペンスキーの速度

スキー競技において滑降やスーパー大回転は高速系種目と呼ばれ、これまでに滑降では最高時速150kmに達するコースもあったとか。

それに対して回転や大回転は技術系種目と呼ばれていますが、それでもコースによっては時速100kmほどになることもあるそうです。

アルペンスキーヤーの視点動画

ユーチューブにはアルペンスキーヤーの目線が体感できる動画があります。

旗門が迫ってくるような感覚がすごい迫力です。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=0gogZ6T1sPU&t=122s

スキーヤーのGoPro視点

テレビでスキー競技を見る機会はありますが、GoProを使ってスキーヤー目線からコースを見ることは少ないですよね。

おそらく、頭、お腹、背中の3か所につけていると思われます。色々な角度から見られるのが嬉しいですね。

☟話題のGoProに関する記事はコチラ

GoProで最も小さいカメラは何?最新モデルは高スペックで登場してた!
これまでに数々の“高スペック小型アクションカメラ”を生みだしてきたGoPro。 発売当初はアウトドアやスポーツでの使用が中心でしたが、現在ではテレビ...

この動画のスキーヤーについて

この動画で滑っている選手は、アメリカ人アルペンスキーのテッド・リゲティさんという方です。

リゲティさんは、1984年にアウトドアの盛んなユタ州ソルトレイクシティで生まれ。

2002年の冬季オリンピックがあった都市としても有名ですよね。

テッド・リゲティの大会成績

これまでの輝かしい成績からテッド・リゲティさんは、アルペンスキーの大回転において歴代最高選手の一人とされているようです。

  • 2006年トリノ五輪ではアルペンスキー複合で優勝
  • 2014年ソチ五輪では大回転で(ジャイアントスラローム)優勝
  • 世界選手権の大回転で3度の優勝
  • ワールドカップでは合計で24勝(大回転23勝、スーパー複合1勝)

そんな超一流アスリートの見ている世界を映像で体感できるのは本当に面白いですよね。

☟スピードに関するエクストリームスポーツの記事はコチラ

スキー世界最高速度は何km?エンジン無しで乗用車よりも遥かに速い!
数あるスキー競技の中には、ひたすらスピードを追求するスピードスキーという競技があります。 過去にはオリンピックでも採用されましたが、危険性などが考慮...
自転車で爆走のおじさんが時速220km超?世界記録の瞬間がヤバかった!
自転車の世界最高速度ってどれくらいの速さになると思いますか? 車よりは遅いと思う方も多いと思いますが、自転車レースとして代表的な競輪の最高速度は時速...
スケボの世界最高速度がヤバイ?ダウンヒルで時速140kmを超えていた!
2020年の東京オリンピックから正式種目に採用され、日本でも大注目のスケートボード。 アクロバティックなジャンプやトリックなど、若者を中心に人気があ...

スポンサーリンク

まとめ

素人意見ですが、滑っている時の動作が機械のように精密でした。

スピードが重要な競技でカメラをつけて滑るのは大変だと思いますが、スポーツ選手の動きの美しさは本当に感動しますよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

五輪金メダリストの目線を体感!高速スキーレース時速100kmの世界とは?
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ