【ちょい笑】速さだけじゃない!見た目も大事なソープボックスレース

子供から大人まで誰でも楽しめることってありますよね!

世の中にはソープボックスという乗り物があります。

あまり聞き覚えがないと思いますが、見れば「あ〜これね!」という人は多いと思います。

そんなソープボックスの世界的な人気イベントが日本でも開催されますが、お祭り感覚なレースがとても楽しそうなんです(^^)

スポンサーリンク

ソープボックスとは?

ソープボックスについて

エンジンなどの動力を使わずに、重力のみを動力として動く車両のことです。

主に欧米で人気があり、アメリカでは全米選手権のような大会も開催されています。

簡単に言えばエンジンなどが無い手作りの四輪車で、アメリカの子供たちが石鹸を運ぶ木箱に車輪を付けたのが始まりのようです。

レースについて

欧米では20世紀初頭から、動力がない自作車両のレースが行われていたという話もあるそうです。

意外に歴史がありますよね!

現在では、チームメンバーによって自作された車両を使うのが一般的で、ほとんどのレースで走行タイムだけでなくパフォーマンスやオリジナリティなどに対する採点の総合点で順位を競います。

その為、見た目を重視した車両が多いのも魅力の一つのようです。

欧米ではホットドックやアイスクリームのような車両パフォーマンスのイメージがありますが、国柄や文化が非常によく出そうですよね(^^)

☟世界が驚いた凄いレースについての記事はコチラ

ドローンのナイトレースが近未来感ありすぎ!もはやゲームの世界!
何かと注目を集めているドローン。日本でも賛否両論ありますが、気になる方も多いと思います。 最近ではドローンのレースも話題になりますが、ナイトレース(...
世界で最も高所な戦い?高度8000フィートの空中レースがあった!
最高速度が200km以上にもなると、スカイスポーツのウイングスーツフライング。 あまり聞きなれないと思いますが、おそらくエンジンを使わないスポーツの...

日本のソープボックス

走行性が重視

世界各国で大人気のソープボックスですが、もちろん日本でもレースが開催される程の人気があります。

日本では、見た目のパフォーマンスよりも走行性を重視したレースが主流のようです。

レッドブル主催のレースが面白い

Red Bullが主催の『レッドブル・ボックスカート・レース・東京』が2017年10月に赤坂で開催される予定です。

世界各国で行われいるイベントですが、日本では2009年と2012年にも開催されています。

コース

街中の道路が封鎖されたコースには両サイドに干草が置かれ、ウエーブや高さのあるカーブなどを設置。

クラッシュや回転などもする激しいコースが基本になっているようです。

観客や選手の反応

アメリカやヨーロッパ諸国でも開催されたレースですが、参加者たちはソープボックスらしい様々な自作の車両とパフォーマンスを披露します。

どの国や地域でも、コース脇には沿道を埋め尽くす人が、大盛り上がりで観戦しているようです!

ソープボックスの動画はコチラ

現地で観てみたいと思うほど、面白さが伝わってきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=SXqhzh1M73M

スポンサーリンク

まとめ

ソープボックスはやはり欧米でのイメージが強いですが、国によって独自の文化が反映された車両やパフォーマンスが面白いと思います。

年齢や性別を問わずに選手としても観客としても楽しめそうなソープボックスですが、日本のレースも見てみたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

【ちょい笑】速さだけじゃない!見た目も大事なソープボックスレース
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ