「スマホで撮った写真が暗い」フラッシュを使いこなして簡単に解決!

写真撮影をしていると、どうしても被写体が暗く写ることってありますよね。

周囲が明るいのに上手く写らない理由は、ほとんどの場合が逆光の可能性が高いと思われます。

今回は、スマホカメラのフラッシュを使いこなして、写真を「くっきり」とキレイに撮影する簡単なテクニックをご紹介していきます。

スポンサーリンク

逆光の撮影ではフラッシュを使う

逆光でフラッシュ無しの写り方

フラッシュ無しの場合でも距離や角度によっては、逆光を回避してキレイに写ることもあります(次項「フラッシュ無し②」で説明)が、どうしても自分の好きな位置から撮りたいことの方が多いですよね。

そんな時には、スマホカメラのフラッシュを使うことをオススメします!

デジカメと同じように、On/Off/自動(Auto)があるはずですが、初期設定はOffになっていると思うので確認してみてください。

逆光でフラッシュ有りの写り方

フラッシュを使って同じ位置から撮影した画像ですが、明るさは一目瞭然ですよね。

被写体の正面の影が消えて、くっきりとキレイに写っているのがわかると思います。

逆光の撮影方法を簡単に説明すると…

光(太陽光)は、前方の斜め上から来ていますが、光が当たる逆側には影ができますよね。

この被写体(ミカン)にできた影を、フラッシュの光を使って消しています。

フラッシュの光量や被写体との距離にもよりますが、もちろん人物の撮影にも有効です。

逆光+影の中での撮影では

フラッシュ無しの写り方①

今度は逆光で、影の中に被写体がある(いる)場合です。

光は前方の斜め上から来ているので、光が当たる逆側には影ができます。

影の中に被写体があると、光の中で撮影する逆光よりも余計に薄暗い印象になりますよね。

フラッシュ無しの写り方②

実は逆光の時でも、角度や撮る位置を少し変えれば影の濃さを軽減できます。

この場合は、前方から来る光とは逆方向の斜め上から撮影していますが、上の画像よりも被写体が明るく写っていますよね。

フラッシュを使わなくても、少しのコツだけでこれくらい印象は変わります。

フラッシュ有りの写り方

それでも、やはり角度や撮りたい位置を変えたくない場合もありますよね。

たとえ影の中でも、同じように被写体に向けてフラッシュを当てれば、くっきりとキレイに写ります。

フラッシュの切り替えに慣れれば、すぐに手間ではなくなるので、ぜひトライしてみてくださいね。

☟他にもスマホの写真がオシャレになる簡単テクニックはコチラ

スマホの写真は構図でキマる!あの機能をON設定でオシャレ演出も簡単
「この人の写真いつもオシャレだな…どうしたらこんな写真が撮れるんだろ」と思ったことありませんか? 仮に被写体が同じだとしても、差が歴然とする場合は多...

スマホのフラッシュには弱点もある

スマホカメラは光量が弱い

スマホカメラのフラッシュは、デジカメなどと比べると光量がとても弱いです。

そのため被写体から離れて撮影すると効果が出にくいだけでなく、全く意味が無いこともあります。

撮影する場所の明るさにもよりますが、被写体との距離は近い(1m以内くらい)方が良いです。

管理人の経験談ですが、人物を撮影する時は、あまり近すぎると眩しくて怒られるので気をつけてくださいね!

セルカライトで光量をカバー

スマホのフラッシュだけじゃ物足りないという方には、セルカライトがオススメです。

逆光対策だけでなく、暗い場所でも自撮りが出来るので、インスタ女子の必須アイテムにもなっているとか。

クリップ式で簡単に持ち運びができるので、カバンの中に1つ入れておけば、あとで後悔することも減りそうですよね。

スポンサーリンク

まとめ

フィルター加工や編集を使わなくても、写真はキレイに写すことができます。

元々がキレイに撮れたものを、さらに加工していけば、今までよりもっとオシャレな画像になりそうですよね。

きっとSNS映えも間違い無いと思うので、すぐにでも試してみてください(*´꒳`*)。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

「スマホで撮った写真が暗い」フラッシュを使いこなして簡単に解決!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ