ウォーター

荒木珠里はSUP(サップ)選手で経歴や出身は?父親や姉も凄いと話題!

ラフティングやカヌーと同じく、夏のアクテビティとして人気の高いSUP(サップ)。

自然に囲まれた水の上で過ごしている時間は、なんとも言えない不思議な感覚になりますよね。

すでに挑戦したことがある人も多いと思いますが、実は世界大会が開催されるほどスポーツとしても確立しています。

今回はそんなサップの世界大会で優勝した小学生、荒木珠里くんの経歴出身、すごいと話題の家族についても調べてみました。

荒木珠里のプロフィール

名前読み:あらき しゅり

生まれ:2006年

出身地:沖縄県名護市

競技:SUP(サップ)

荒木珠里のSUP(サップ)経歴

荒木珠里君がサップを始めた詳しい年齢はわかりませんでしたが、9歳の頃には全日本サップ選手権に出場していました。

海が身近な沖縄に住んでいるので、おそらく小学校入学前には始めていたと思われます。

2017年に米国カリフォルニア州で開催されたパシフィック・パドル・ゲーム(PPG)に出場し、男子の年齢別クラス(9〜11歳)で見事に優勝しました。

3回目の挑戦だったようですが、アマチュアが出場できる大会としては世界最大規模のようです。

ちなみに、この大会を中学生で優勝した沖縄出身の選手がいますのでコチラもご覧ください。

田口頼はSUP(サップ)選手で経歴や両親は?沖縄出身で中学校も調査!ラフティングやカヌーと同じように、夏のアクテビティとして大人気のSUP(サップ)。 普段とは違う水の上で過ごしている時間は、なんと...

2018年にはハワイで開催されたM2Mという世界大会に出場し、14歳以下が出場したジュニアの部で最年少優勝をしました。

結果を出し続ける荒木君は、アスリートとしての成長と将来の活躍が楽しみですね。

SUPはどんな競技?

SUPは「スタンド・アップ・パドルサーフィン」の略ですが、サーフボードのような形をした板に乗ってパドルを使って操作するスポーツです。

日本でも水辺のアクテビティとして浸透してきましたが、今のところ大会では2つの部門が主流のようですね。

一つ目は、障害物を避けながらターンの正確さや速さを競う「テクニカル部門」

二つ目は、決められた距離でタイム競う「ロングディスタンス部門」

荒木珠里君が2017年に出場した世界大会は、約2kmのテクニカル部門と10kmのロングディスタンス部門がコースでした。

その両部門で優勝して完全総合優勝を勝ち取ったんですよね。

さらに2018年に優勝したハワイのレースでは、島と島にある海峡で45kmの距離を渡りました。

休日のちょっとした遠出くらいの移動距離ですが、小学生が45kmも漕ぎ続ける体力があるのは驚きですよね。

荒木珠里の父親と姉も選手

荒木珠里君には、4歳年上の荒木帆華(ほのか)さんというお姉さんがいます。

父親は荒木汰久治(たくじ)さんという方で2人ともサップの選手です。

2015年の全日本サップ選手権では、小学生部門(荒木君)、一般女子エリート部門(帆華さん)、一般男子エリート部門(汰久治さん)で親子3人が優勝

姉の帆華さんは当時中学2年生でしたが、大人も混ざった年齢制限がない部門での優勝だったので、サップ界ではとても話題になったそうですよ。

荒木珠里の父親は有名人

荒木珠里君の父親は荒木汰久治(たくじ)さんという方です。

汰久治さんはサップ界では有名らしく、プロのライフセービング選手でもあるとか。

1996年の全日本ライフセービング選手権では、サーフ・スキー部門で優勝もしたそうです。

現在はオーシャンアスリートという肩書きで活動しながら、サップのレッスンなどもしています。

過去にはパドルボードで日韓(対馬〜釜山まで約50km)縦断など、アスリートとして競技をしてきた一方で数々の冒険にも挑戦。

荒木君が2018年にジュニアの部で優勝したハワイの大会では、お父さんもこの大会で日本人の歴代最高に並ぶ3位を獲得しました。

荒木君がサップを始めたのはお父さんの影響が大きかったようですが、いつか親子対決にも期待してしまいますね。。

いつか親子対決も実現しそうなアスリート家族ですが、その日が来るのを期待しています。

☟家族の影響で始めたアスリートについての記事はコチラ

平野歩夢(スノボ)がスケボでも五輪?大学や過去の意外なコーチも発覚!2大会連続でオリンピックの銀メダルを獲得したスノーボード・ハーフパイプの平野歩夢さん。 オリンピック初出場の時には中学生メダリスト...
棟安優月(むねやすゆづき)のウェイクボード経歴や父親と彼氏の噂は?中学生の頃からウェイクボードのトッププロ選手として活躍している棟安優月(むねやすゆづき)さん。 ボートを使うウェイクボードは、湖な...
太田理娑は美人クライマーで父親との関係は?経歴や彼氏の噂も調査!東京オリンピックの新種目として、大注目のスポーツクライミング。 日本代表候補の女子選手たちは、世界で活躍できる実力者が多いんですよ...

SUPがオリンピック競技になる可能性も

なんでもサップが2024年のパリオリンピックで新種目に加わる可能性があるとか。

これを知った荒木珠里君は、オリンピック出場を目指しているようです。

まだ決定ではありませんが、オリンピックで活躍する姿を見てみたいですね。

まとめ

荒木珠里君のように新しいスポーツで若い世代が活躍するのは嬉しいですよね。

お父さんやお姉さんと一緒に、これからも日本のサップ界を盛り上げてくれるでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!