巨大火山の噴火がすごい!過去に大被害も起きていた?恐怖の画像6選

世界中に分布している火山地帯は観光地や登山などで人気のある場所も多いです。

山の形や珍しい植生といった楽しみがある一方で、時には巨大な噴火によって大きな被害が起きることもありますよね。

2014年に御嶽山で起きた噴火は記憶に新しいと思いますが、自然災害は突然起きるものです。

今回は、人間の手には負えない恐怖も感じる火山の噴火画像についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

セント・ヘレンズ山の大噴火

アメリカのワシントン州にあるセント・ヘレンズ山は、元々は火山の特徴でもある三角の形をした山だったそうです。

ところが1980年に起きた大噴火によって、2950mあった標高は山頂部分の崩壊によって2550mに減少し、直径1.5kmのカルデラが出現。

画像は大噴火から2年後の噴火のものですが、この巨大カルデラの上に三角の部分があったのは信じられませんね。

当時の大噴火によって、高速道路300km、鉄道24kmが破壊。崩落した土砂で200軒の建物が被害にあい、57人の犠牲者がでる大惨事になりました。

山の形が全く違う形になるほどの噴火が起きたことは考えるだけで恐ろしいですね。

不明な大噴火の火山灰

こちらの火山の情報は不明ですが、雲をつき破るように空高く上がる火山灰は噴火のエネルギーがいかに巨大なものかが簡単に想像できますよね。

不明な大噴火の火山雷

こちらも火山の情報も不明ですが、この雷は噴火によって発生する「火山雷」です。

火山から噴き上がる水蒸気、火山灰、火山岩などの摩擦によって電気が生じて雷が発生し、日本では鹿児島県にある桜島の火山雷が有名ですね。

エトナ火山の大噴火

エトナ火山はイタリア南部のシチリア島にあるヨーロッパ最大の活火山です。

画像からは噴火によって広範囲に火山灰が飛んでいるのがわかります。

頻繁に噴火を起こしますが、今のところは特に危険な火山とはみなされていないとか。

現在でも麓には数千人が暮らしていますが、12世紀と17世紀には1万人を超す犠牲者が出た噴火もあったそうです。

サリチェフ山の大噴火

ロシアのサリチェフ山は千島列島の松輪島にあり、日本名で芙蓉山(ふようざん)、別名は松輪富士とも呼ばれています。

2009年に大規模な噴火が起こり、火山灰は推定で16000m上空まで噴き上がったと言われています。

噴火によってできた球のような火山灰が雲を突き破ってるように見えますが、まるで生き物みたいですよね。

オーガスティン火山の大噴火

オーガスティン火山はアラスカ州最大の都市アンカレッジから南西におよそ280kmにあります。

溶岩によってオーガスティン島が形成され、海に浮かぶ山のような火山になっています。

空一面を覆い尽くすように噴き出された渦のような火山灰に自然の脅威を感じますね。

☟他にも火山に関する記事はコチラ

米国イエローストーンの見所や噴火はいつ?山がない超巨大火山が絶景!
アメリカ北西部に位置する世界的な人気観光地のイエローストーン国立公園。 数多くの国立公園があるアメリカの中でも、最大な面積を有する自然の宝庫です。 ...

スポンサーリンク

まとめ

火山には恐いイメージもありますが、温泉などの副産物もあり、温泉大国の日本は同時に火山大国でもあります。

人間は自然から恩恵を受けているのは間違いなく、全ての人が自然と安全に楽しく付き合っていければと願います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

巨大火山の噴火がすごい!過去に大被害も起きていた?恐怖の画像6選
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ