北米

バンクーバーから行けるローカル観光地!巨大な氷の穴に落ちる滝とは?

大自然が多く残るカナダは、世界中からたくさんの旅行者が訪れる観光大国です。

広大な面積のため、まだ知られていないマニアックな観光地がいくつもあります。

今回は、バンクーバー空港から空路で45分の町にあるカムループス近郊の州立公園。

ツアーでは見ることがないと思われる、全く異なった面白い個性を持つ2つの滝をご紹介していきます。

カムループスのウェルズ・グレイ州立公園

カナダには大きく分けて国が管理する国立公園と各州が管理している州立公園があります。

バンクーバーがあるブリティッシュ・コロンビア州が管理するウェルズ・グレイ州立公園は、南北におよそ100km、東西におよそ60kmの面積を持つ自然豊かな公園です。

樹齢500年を超える原生林の森や、美しい湖、数多くの滝があり、“水の公園”とも呼ばれています。

ウェルズ・グレイ州立公園の場所

この地方の中心となるカムループスの町から車でおよそ1時間半。

ウェルズ・グレイ州立公園の入り口には、クリアウォーターという小さな町があります。

クリアウォーターから車が通行可能なクリアウォーター湖までのおよそ65kmの間には、たくさんの絶景ポイントが点在。

乗馬や釣り、カヌーやトレッキンングなどのアクティビティも楽しめます。

ウェルズ・グレイ州立公園の見所は2つの滝

数々の滝を有するウェルズ・グレイ州立公園の見所は、全くタイプの違う「ドーソン滝」「ヘルムケン滝」

どちらも駐車場から歩いて5分以内にビューポイントがあるので、簡単なアクセスで迫力のある滝を見ることが出来ます。

横に広いドーソン滝

ドーソン滝の落差は20mとそこまでの高さはありませんが、幅90mは公園内で最も広く、川沿いのトレイルを歩けば横から豪快な水量が流れ落ちる姿を観察することが出来ます。

横から見て思ったのは「絶対に落ちたくない」ということですね。

もちろん柵があるので安全ですが、水しぶきを感じるほど近くで見る滝は大迫力です。

落差のあるヘルムケン滝

ヘルムケン滝の落差141mはカナダで4番目の高さです。

おそらくウェルズ・グレイ州立公園で1番の人気スポットだと思われます。

轟音と共に大量の水が上から下まで完全にまっすぐ落ちる光景や、侵食による巨大な空洞は圧巻です。

ヘルムケン滝による巨大な侵食

ヘルムケン滝は約1万年前の氷河期が終わった頃から侵食が始まり、今の形になったそうです。

上空から見ると広大な森が長い時間をかけて削られてきたのがわかりますよね。

冬のヘルムケン滝がすごい

ヘルムケン滝に来るほとんどの観光客は夏に訪れますが、冬になると超マニアックな観光地に変わります。

道路は冬用タイヤが必須でスノーチェーンも推奨、トレイルはボランティアが整備をしているそうですが、道が消えるほど雪が積もることもあるようです。

冬の滝ツボにはアイスコーンと呼ばれる巨大に盛り上がった氷の穴が形成。

おそらく滝の落下地点は常に水の圧力がかかっているので凍らず、変わりに水面から跳ね上がった水しぶきや水蒸気、降り積もる雪が少しずつ堆積してこのような形になると思われます。

1月下旬から2月下旬が見頃らしく、寒い冬には高さが50mになることもあるとか。

ビルで言えば20階建てと同じくらいの氷の穴ができるなんて信じられませんよね。自然の力は本当に偉大です。

まとめ

筆者がヘルムケン滝に訪れたのは夏の時期だけですが、とにかく全体の大きさに圧倒されました。

駐車場から歩いてすぐの場所にあるとは思えないほど迫力ある景色に言葉も出ませんでした。

大自然は当たり前に存在していることを頭では理解していても、実際に経験しないとその壮大さに気づかないことが多いですよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!