ウイングスーツは世界一危険で事故多発?必要な資格と主な記録を調査!

子供の頃に「空を飛べないかな?」と考えたことがある人は少なくないと思います。

現在はそんな夢を可能にできるウィングスーツフライングというスカイスポーツが誕生しています。

最高速度は200km以上になり、世界で最も危険と言われ、これまでに何度も重大な事故が起きています。

ウイングスーツ誕生の経緯必要な資格主な世界記録について調べてみました。

スポンサーリンク

ウイングスーツの考案者

ウイングスーツは1990年代半ばに、スカイダイバーのパトリック・デ・ガヤルドン(フランス)によって考案されました。

ウイングスーツを使って飛行する事を「ウイングスーツフライング」や「スカイフライング」と呼び、飛行する人を「ウイングスーツ・パイロット」や「スカイフライヤー」呼びます。

世界初のウイングスーツが誕生

ウイングスーツは手と足の間に布を張った特殊なジャンプスーツで、その容姿からムササビスーツと呼ばれる事もあります。

フィンランドのバードマン社(BIRDMAN)が度重なる試行錯誤の結果、1999年に世界初の市販ウイングスーツが発売。

これによって、現在までに世界中でウイングスーツ・パイロットが誕生しています。

ウイングスーツの滑空方法

ウイングスーツフライングは、スカイダイビングと同じように飛行機やヘリコプター、高い崖からのベースジャンプによって滑空をスタート。

最高速度が200km以上にもなるので、着地はパラシュートで減速してからになります。

ウイングスーツに必要な資格は?

聞いているだけでも危険に思えるウイングスーツですが、もちろん初心者は使用できません。

まず、ライセンスを持っている現役のスカイダイバーで500回以上の通常スカイダイビングの経験、もしくは最低200回以上の通常スカイダイビングの経験とインストラクターの指導が必要なんだそうです。

ウイングスーツは事故も多い

熟練のスカイダイバー達だけが使用を許されているウイングスーツ。

それでも命に関わる事故が多発していることから、『世界で最も危険なスポーツ』と言われる事もあるようです。

ウイングスーツの主な世界記録

2009年にアメリカのカリフォルニア州で、世界16ヶ国から68名のウイングスーツフライヤーが集まり、世界最多人数のフォーメーション飛行がアメリカの公式記録として登録されました。

2011年には、高度約10000メートルから降下して距離23.1kmを5分22秒で飛行する記録で、世界最高時速363kmを達成。

この記録は日本人ウイングスーツフライヤーの伊藤慎一さんが樹立し、2012年には飛行距離を26.9kmまで伸ばして自身が持つ世界記録を更新しました。

伊藤慎一(ウイングスーツ)の世界最高速度は?経歴やギネス記録も調査!
ムササビのような特殊スーツを着て空を飛ぶ、ウイングスーツ・フライング。 究極のスカイスポーツとしても知られ、動画投稿サイトなどには驚きの映像がたくさ...

エクストリームスポーツで日本人が世界記録を持っているというのは意外な事実ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

緊張感のあるウイングスーツフライングですが、スピードや飛行距離以外にも数々の挑戦が行われています。

一般的には挑戦することが難しいので、興味のある方はスカイダイビングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

まだまだ発展途上のスポーツだと思うので、今後のウイングスーツ・パイロット達の活躍がとても楽しみですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

ウイングスーツは世界一危険で事故多発?必要な資格と主な記録を調査!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ