「壁じゃん!」斜度55°の山を滑り下りるスノボが見るからに危険

エクストリームスポーツのレベルが上がっていますが、最大斜度55°の山をスノーボードで滑り下りた人がいます。

数字を言われても想像できないと思いますが見ためはほとんど壁です。

ロープを使う場面もあり、危機迫る感じが見てるだけでも伝わってきました!

スポンサーリンク

『滑った人』について

簡単なプロフィール

フランス出身のプロスノーボーダーでザビエル・デ・ラ・ルー(Xavier De Le Rue)さんという方です。

以前にもこのブログで「誰よりも速いスノーボーダー」としてご紹介したことがあるので、詳しいプロフィールや経歴が気になる方はコチラをご覧ください。

スノーボーダーが時速100km以上!ほぼ垂直の斜面を速く滑るワケは⁉︎
巨大な斜面を滑るビッグマウンテン・スノーボードというエクストリームスポーツは、スキー場やバックカントリー愛好者が滑る山とは、規模や迫力が違います。 ...

主な活動

フリーライド・スノーボードを求め、家族と一緒にキャンパーバンに乗って世界ツアーをしています。

これまでのようにヘリコプターを使う大がかりな撮影ではなく、ドローンやGoProを使ったDIY(手作り)のような方法で撮影をしているそうです。

動画には奥さんや娘さんも出てくるのですが、とても楽しそうにしているのが印象てきでした。

☟話題のGoProについての記事はコチラ

ドローンが収納できる!あのGoPro社が本気で開発したカルマに注目!
これまで数々の革新的な製品を生みだしてきたGoProからドローンが登場しました。 アクションカメラの『HERO』シリーズは、世界中のアマチュアからプ...

『滑った山』について

名前と標高

フランスのモンブラン山系、エギーユ・デュ・ミディという山です。

ザビエル 55 ブログ内

標高は3842mなので富士山(3776m)よりも高いですね。

山の意味

山名は「正午の時計の針」という意味で、世界屈指のスキーリゾートとしても知られるシャモニーの町から見ると、正午に太陽が山の頂上に座ったように見える事からきているそうです。

☟シャモニーの山からジャンプした鳥人間の記事はコチラ

何これ?山からジャンプ!時速200kmのウイングスーツがありえない
世界有数のスキーリゾートとして知られるフランスのシャモニーは、エクストリームスポーツの盛んな地域です。 ヨーロッパアルプス最高峰のモンブラン山郡にあ...

下りた斜面について

標高3777mにあるロープウェイ山頂部駅からスタートしていますが、空気も薄い中での過酷な挑戦。

標高2317mの中間駅から頂上部駅までは、支柱が1本もないほどの岸壁にあるようですが、そんな斜面をスキーヤー3人の仲間とロープやピッケルを使って下りてきます。

迫力の動画はコチラ

最初は楽しいファミリー動画からの緩急が凄いです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=5GrY5Md9bwQ

スポンサーリンク

まとめ

立ってるだけでも恐ろしく見えますよね。途中の斜面では「雪のコンディションはすごく良いね!怖いけど(笑)」って笑顔でしたが、やっぱり怖い気持ちはあるんですね。

世界トップクラスのエクストリーマーですので、これからもザビエルさんの”ありえない挑戦”は続くでしょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

「壁じゃん!」斜度55°の山を滑り下りるスノボが見るからに危険
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ