スノーボード

スノーボーダーが時速100km以上!急斜面を速く滑る驚きの理由とは?

巨大な急斜面を滑るビッグマウンテン・スノーボードというエクストリームスポーツがあります。

スキー場やバックカントリー愛好者が滑る山とは、規模や迫力が違い、危険にさらされるリスクも大幅に増えます。

そんなビッグマウンテンの大会で、4度の世界チャンピオンに輝いたザビエル・デ・ラ・ルー(Xavier De Le Rue)さんという方がいます。

他を寄せつけない驚異的な滑りの速さが、スノーボードやスキー界で大変な話題になりました。

ザビエル・デ・ラ・ルーのプロフィール

生年月日:1979年7月1日

出身地:フランス・バイヨンヌ

職業:プロスノーボーダー

スポンサー:ロシニョール、ノースフェース、スウォッチ、GoPro、など

出典:https://www.instagram.com/xavierdelerue/

ザビエル・デ・ラ・ルーのスノボ経歴

ザビエル・デ・ラ・ルーさんは、スノーボード世界選手権で3連覇、ワールドカップで2度の優勝。

2006年には、トリノオリンピックのスノーボードクロスでフランス代表としても出場しています。

ビッグマウンテンスキー・スノーボードの世界大会であるフリーライド・ワールド・ツアーでは、3年連続の年間総合チャンピオンを獲得しましたが、この記録はいまだに破られていません。

2015年に公開されたエクストリーム・スポーツが主軸の映画『X-ミッション』ではスタントにも挑戦

エクストリーマーとしての才能が開花したザビエルさんですが、映画にも出演していたのは驚きですね。

ザビエル・デ・ラ・ルーの速さを考察

ほとんどの日本人が知っているザビエルと言えば、あのカリスマ宣教師だと思います。

カリスマスノーボーダーのザビエル・デ・ラ・ルーさんは、とにかくスピードが速いのが特徴なので、過去の偉人を参考におよその速度を考察してみました。

1996年にプロスノーボーダーのヨハン・オロフソンさんが、アラスカの山で914mの急斜面を35秒で滑降。

この記録はギネスにも認定されたらしく、平均時速は約94km、瞬間最高速度は120kmとも言われています。

スノボ界のレジェンドも認める速さ

過去20年以上もアラスカの山を滑り続けてきたビッグマウンテンスノーボードのレジェンドであるジェレミー・ジョーンズさんは、このようにコメントしていました。

「ビッグマウンテンをあんなに速く滑る人間を他に知らない。違う道具(スノーボードではない何か)を使っているみたいだ。」

経験豊富なレジェンドが認めるほど、ザビエルさんのスピードは尋常じゃない速さだということがわかりますね。

☟ジェレミー・ジョーンズさんに関する記事はコチラ

ほぼ遭難?雪山で12日間の吹雪に耐えたスノーボーダーが驚愕の滑り!アメリカ出身のプロスノーボーダーであるジェレミー・ジョーンズ(Jeremy Jones)さん。 冒険的なスノーボードを追い求めて、...

ザビエル・デ・ラ・ルーの映像

山の規模が大きすぎて速さを感じにくいかもしれませんが、時間があれば他の選手の滑りと比べてみてください。

ザビエル・デ・ラ・ルーさんの滑りは、あきらかに速すぎます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=VO-9dHeLK8M

ザビエル・デ・ラ・ルーの推定速度は◯◯km

ヨハン・オロフソンさんの記録とジェレミー・ジョーンズさんの言葉から、おそらくザビエル・デ・ラ・ルーさんは、瞬間速度なら130kmくらいは出ているのではないでしょうか?

どちらにしても身体一つで、車より速く滑れるなんて信じられませんね。

ところが当の本人は、速く滑る事に関して驚きの理由をコメントしていました。

「ありえない速さと言うけど、僕は雪崩が怖いから速く滑り下りたいだけなんだ。」

言葉にすれば簡単に聞こえますが、やってる事は人間離れしていますよね。

いつの時代もそうですけど、偉人は自分の凄さを認識していないのでしょうね。

☟世界一速いエクストリーマーに関する記事はコチラ

スキー世界最高速度は何km?エンジン無しで乗用車よりも遥かに速い!数あるスキー競技の中には、ひたすらスピードを追求するスピードスキーという競技があります。 過去にはオリンピックでも採用されましたが...
自転車で爆走のおじさんが時速220km超?世界記録の瞬間がヤバかった!自転車の世界最高速度ってどれくらいの速さになると思いますか? 車よりは遅いと思う方も多いと思いますが、自転車レースとして代表的な競...

まとめ

急な岩だらけの斜面にびっくりしますが、そこをあんなに速く滑るなんて人間離れしていますよね。

危険と隣あわせのザビエル・デ・ラ・ルーさんにもかわいい娘さんがいるそうです。

少しでもリスクを減らす為に、ビーコン(雪に埋まった時の為の発信器)や雪崩で埋まりずらいエアバック付きバックパックなどは使用しているようですね。

雪崩ビーコンの種類や必要性は?バックカントリーで義務の可能性も!スキーやスノーボードの愛好者にとって、パウダースノーが特に好きだという方は多いのではないでしょうか。 飛躍的な道具の進化やインター...

みなさんも急斜面で100km以上のスピードを出す時は、安全面にお気をつけください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら“いいね!”“シェア”をお願いします(^O^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!