山田悠翔(スノボ) の経歴やプロフィールに大会成績と五輪でメダルは?

何かと話題の多いスノーボードですが、いつのまにか日本は強豪国になりましたよね。

中でも中学生プロが注目されることが多く、選手層の厚さを感じます。

今回は、最高級難易度の大技を最年少タイ記録で成功させた山田悠翔さんの経歴プロフィール大会成績とオリンピックでメダルの可能性についても調べてみました。

スポンサーリンク

山田悠翔のプロフィール

名前:山田悠翔(やまだゆうと)

生年月日:2003年9月8日

出身地:新潟県新潟市

職業:中学生、プロスノーボーダー

競技:スロープスタイル、ビッグエア

スポンサー:ライド、など

山田悠翔

出典:https://www.facebook.com/people/Yuto-Yamada/100004912749269

スノーボードの経歴

山田さんは、5歳の頃からスノーボードを始めました。

8歳の時にスロープスタイル競技を知ると、9歳で大会に初出場。

その大会のプロクラスに出場していた世界的スノーボーダーの角野友基さんに圧倒され、それまで以上にスノーボードに取り組むようになったとか。

小学生の頃から注目されていた山田さんは、わずか11歳でプロ資格を取得。

2017年の夏には、最高級難易度の大技「バックサイドトリプルコーク1440」に成功。

13歳での成功は世界最年少記録に並ぶということで、公開された動画は世界中で話題になったようです。

空中に飛び出してから縦と横に3回転ずつ回る大技ですが、世界的に見ても限られたプロにしかできないらしいので、中学生での成功はすごいですね!

主な大会成績

2015「サロモンクラシック」オープンクラス優勝

2015「ZETSURIN」アマチュアクラス優勝

2015「第34回全日本選手権大会」7位

小学生の頃から、国内の主要な大会で活躍してきたようです。

国際大会の経験は、まだまだこれからのようですが、そのうちワールドカップやXゲームなどにも出場してくれるでしょう。

五輪でメダルの可能性

将来が期待される山田さんですが、年齢的に2018年の平昌オリンピック出場は厳しそうです。

周りがしっかりサポートする態勢さえ整えば、年齢制限を無くしても良いような気もしますけど、難しい問題なのかもしれませんね。

2022年の北京オリンピックでは、早くも代表有力候補のようです。

その頃は、年齢も18歳で選手としても磨きがかかっていると思います。

経験値や技の難易度も今とは比べものにならないくらい伸びてるはずなので、メダル獲得の可能性も十分にありそうですね。

☟2022北京五輪で注目のスノーボーダーについての記事はコチラ

岩渕麗楽(スノボ)が可愛い!プロフィールや経歴と年収に五輪成績は?
数多くのスター選手が誕生した平昌オリンピックで、大注目を浴びた女子高生スノーボード選手がいます。 スロープスタイルとビッグエアに出場して、見た目の可...
大塚健のプロフィールや経歴と学校は?世界が注目するスノーボーダー
ウインタースポーツ人気が高まっているように感じる昨今ですが、オリンピック2大会連続で銀メダルを獲得した平野歩夢さん以外にも世界中から注目される日本人スノー...
戸塚優斗(スノボ)の経歴や出身と学校は?平野歩夢と驚きの共通点も!
平昌オリンピックのスノーボード男子ハーフパイプの熱戦は日本中が感動しましたよね。 国際大会での活躍が目立つスノーボードですが、平昌オリンピックで注目...

スポンサーリンク

まとめ

スノーボードのようなアクションスポーツで活躍する中高生の注目選手が増えているので、オリンピックも楽しみですね。

将来が本当に楽しみな山田悠翔さんの活躍を楽しみにしています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今後の励みになりますので、この記事が面白かったら”いいね!””シェア”をお願いします(^O^)/

山田悠翔(スノボ) の経歴やプロフィールに大会成績と五輪でメダルは?
この記事が気に入ったら
いいねしよう!

この記事をシェアする

フォローする

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ